ArtificialIntelligence

『AI革命~激変する世界を探る~』

ディスカバリーチャンネルにて8月26日(日)夜10:00放送

好評につき全編を配信中

Watch The Program

言語の理解/機械との議論/路上を走行する人工知能

PART1

言語の理解/機械との議論/路上を走行する人工知能

人工知能に人間の言語を理解させるのは困難を極めますが、その研究は急速に進んでいます。自然言語処理能力を飛躍的に向上させたシステム「IBM Watson」は高度化したアルゴリズムにより機械学習の精度を高め、クイズ番組でクイズ王に勝利。さらに、最新のAIシステムは人間との討論さえ可能になりました。また、近い将来一般化が予想される自動運転車にも人工知能は欠かせません。その可能性と課題とは?

機械が学習する方法/人工知能と働く

PART2

機械が学習する方法/人工知能と働く

科学者たちは機械に学習させる挑戦を続けてきました。1996年、IBMのディープ・ブルーはチェスの王者カスパロフと初対戦し、翌年勝利します。処理能力の向上やデータ量の大幅な増加、そしてアルゴリズムの進化が人工知能に革命をもたらしました。しかし技術の進歩に伴い、人工知能に職を奪われるのではと不安を覚える人もいます。人間と機械が共に働く社会はどうあるべきなのでしょうか。

人生のための学び/機械との融合

PART3

人生のための学び/機械との融合

人工知能は教育を変えつつあります。IBMとセサミワークショップが共同で開発中のアプリはWatsonと連携しており、幼児が楽しみながら言葉を学ぶのに効果的です。また、IBMがピアソン社と共同開発している大学での学習支援システムにもWatsonが使われています。さらに、人工知能は視覚や聴覚といった身体機能を補助する役割も担います。技術の進歩により、人体と機械の境界が取り払われようとしているのです。

人工知能の第六感/新たな治療法の模索/汎用人工知能

PART4

人工知能の第六感/新たな治療法の模索/汎用人工知能

犯罪を未然に防ぐための顔認証システムや、顔写真だけから犯罪者を推測するシステムが開発され、すでに使用されています。プライバシーと安全性、利便性のあるべきバランスとは?一方、人工知能を病気の治療に活用する動きもあります。Watsonに大量の医療文献とデータを読み込ませ、難病に有効な薬剤を探す研究が進んでいるのです。また、幅広いタスクに対応できる汎用人工知能も研究されています。私たちは人工知能をどのように活用し、どんな未来を実現すべきなのでしょうか。
© 2018 Discovery Communications, LLC.

Video Library

ディベートシステム:開発者の声

ディベートシステム:開発者の声

“Debater

“Debater”:AI新時代の幕開け

“Debater

“Debater”:人間と討論するAI

パーキンソン病:IBM Watsonの活躍

パーキンソン病:IBM Watsonの活躍

パーキンソン病:人とのつながり

パーキンソン病:人とのつながり

教育:IBM&セサミワークショップ

教育:IBM&セサミワークショップ

教育:新たな個別指導システム

教育:新たな個別指導システム

教育:AI活用と教育現場

教育:AI活用と教育現場

IBM Watsonの活用と応用

IBM Watsonの活用と応用

AIの誕生と進化

AIの誕生と進化

© 2018 Discovery Communications, LLC.