特集

離れていても安心!ペット飼い始めの方必見のおすすめグッズ5選

お留守番の不安もこれで解消

  • 2018.05.18 15:02
  • ライフスタイル

最近になってペットを飼い始めた人も、そしてこれからペットを飼おうとしている人も、心配なのは家にペットしかいない状況で、ワンちゃん・ネコちゃんが大丈夫かどうか。そんな心配は最新グッズで解消できちゃうかも。

PetSafe Smart Feed(犬・猫用)

これはスマートフォンを使って餌をやることができるIoT対応の餌やり機だ。ペットのご飯を12食分内蔵し、定めたスケジュール通りに餌をやることができるほか、スマートフォンからそれ以外のタイミングでも餌をやることができる。餌を見るとついついがっつき過ぎてしまうペットや、急に食べ過ぎて吐いてしまうペットのために、1度の食事を15分間にわたりゆっくりと出すことのできる「スローフィード」というオプションもある。

 

CleverPet(犬用)

飼い主が外出している時にも、ワンちゃんがチャレンジングなゲームで楽しめる、世界初の犬用のスマートゲーム「CleverPet」。LED内蔵の三つのタッチパッドと、餌を入れておくスペースを備えた機械で、光ったタッチパッドを触るなどのチャレンジをこなすことでご褒美の餌が出てくる。このチャレンジはワンちゃんのレベルに合わせ徐々に難しくなっていくほか、スマホアプリから成績を確認し、チャレンジ内容をコントロールすることができる。

 

屋内スイングカメラ(犬猫対応)

本記事では、家に残したペットの健康面を管理したり、はたまた一人遊びもできたりするようなグッズを中心に紹介している。しかし、実際は家でペットがどう過ごしているのか気になるのが飼い主心というもの。そんなあなたには「屋内スイングカメラ」をぜひオススメしたい。このカメラ、なんとスマホアプリからカメラを上下左右に動かすことで、ペットの様子を確認できるほか、映像だけではわからない部屋の温度もセンサーが感知してくれる。設定値を超えるとアプリで通知してくれるので、これからペットの熱中症が気になるという方にももってこいのアイテムだ。なお、視界の特定位置での動作や、音を感知して通知するといった設定も可能。ペットがこっそり盗み食いしている時、恋しくて鳴いている時には、会話機能を使って離れていてもペットに話しかけることもできる。単なる室内用のカメラではない、まさにペットを“見守る”カメラなのだ。

 

キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン 2(猫用)

動かないオモチャに興味を示さないネコちゃんを飽きさせないのは難しいもの。いつも猫じゃらしを手に遊んであげる暇はないし、家を空けたらネコちゃんがつまらなくならないか心配…。そんな方にはネコちゃんが大好きな猫じゃらしが電動になったこちらの製品はどうだろう。乾電池式で、猫じゃらしの動く速度は4段階で調整可能。猫じゃらし部分には天然の羽を使用している。動きも一本調子ではなくランダム性があるためネコちゃんも楽しめるはずだ。

 

FitBark 2(犬用)

フィットネストラッカーは、どれだけ自分が運動したか、また睡眠の質や心拍数まで測れる高機能なものが登場し、多くの人が愛用していることだろう。愛犬用にもそんなアイテムがあったら良いのに…と思っている方にオススメしたいのが「FitBark 2」だ。バッテリーは最大6ヶ月もち、愛犬のアクティビティーや睡眠の質、移動距離や消費カロリーをスマートフォンアプリから確認できる。水深1mで30分浸しても大丈夫なIPX67の防塵防水性能を備えているので、やんちゃなワンちゃんにも安心してつけられるほか、飼い主がいない間にどれだけ遊んでいるのか、寝ているのかも把握できるので、室内犬の管理にもオススメだ。

 

屋内スイングカメラ KX-HC600-W(Panasonic)

https://panasonic.jp/hns/products/hc600.html

LOAD MORE