絶滅した巨大ペンギンは人間サイズ!NZで発見された化石から判明

ニュージーランドで発見された化石が、かつて地球上に存在していた巨大ペンギン「クロスヴァリア・ワイパレンシス(Crossvallia waiparensis)」のものであることがわかった。このペンギンの大きさは、現在の地球最大のペンギンである「エンペラーペンギン」よりもはるかに大きいサイズであったとみられている。

クロスヴァリア・ワイパレンシスの化石は、2018年にニュージーランドのノース・カンタベリーでアマチュア考古学者が発見した。化石の骨格を研究した結果、これまで見つかっていなかった未知のペンギンであることが判明したのだ。

カンタベリー博物館が再現した3Dモデル Credit: Canterbury Museum

カンタベリー博物館によると、骨格から、クロスヴァリア・ワイパレンシスは体長が約160センチ、体重は最大で70キロ以上にもなることがわかったという。エンペラーペンギンの最大個体が130センチサイズであることを考えると、クロスヴァリア・ワイパレンシスはペンギンとして非常に巨大であったことがわかるだろう。また、現在のペンギンよりも水泳に適した足を持っていたこと、直立できなかったことなどがわかっている。

クロスヴァリア・ワイパレンシスが生息していた6600万年前から5600万年前は、南極が森林に覆われていたほど暖かったとされる。絶滅した原因は調査中のようだが、今回の発見は、ペンギンが早い段階で巨大なサイズに達していたという研究者の考えを裏付けるものになったようだ。