ティラノサウルス、実は走れた!最新研究からその声から姿までを徹底再現してみた

ティラノサウルス、恐竜と言ったらまず一番先に名前があがるぐらい人気のある恐竜ですよね。

様々な映画やアニメ、小説などのコンテンツに登場してきたティラノサウルス。その姿についての今まで何度も通説が覆るなど、研究者の間でも非常にホットなテーマとして扱われてきました。そんなティラノサウルスの姿を最新研究に基づいてCGで本当の姿を復元するのがアニマルプラネットの『新説!Tレックス再発見』です。

映画『ジュラシック・パーク』で描かれたように、かつての研究ではティラノサウルスの知能については低いと考えられていました。しかし、最新の医療技術を駆使して行われた研究では彼らが極めて高い思考能力や認知能力、さらにライオンのような社会性を持っていたことが明らかとなりました。

また、ティラノサウルスは走ることが出来ず、腐食性(死体の肉を食べること)であったという説についても、誤りであるようです。先程の述べたように高い社会性持っていた彼らは共同で狩りを行ったり、あるいはティラノサウルス同士で激しく争った傷が骨から見つかるなど、生きた動物に対しても積極的に攻撃していたとされる根拠が多く発見されたためです。

さらに、気になるその容姿についても驚くべき事実が判明します。鳥類とも比較的近縁であることから、爬虫類のような変温動物ではなく、毛が生えた恒温動物であったとされる説が有力視されているのです。そして、後ろ足に比較して貧弱な前足に関しても、ある衝撃的な事実が明らかに…。

アニマルプラネットでは夏休みスペシャルとして、他にも戦車やヘリコプターなど現代兵器と恐竜の対決やマンモスなど氷河期の生物と絶滅の秘密、魚竜、翼竜に至るまでありとあらゆる恐竜に関するコンテンツをお届けします。

放送日時:7月20日(土)20:00スタート『恐竜と古代生物:夏休みSP』はアニマルプラネットにてご視聴いただけます。未視聴の方は、こちらからご確認ください。