アメリカの海岸に謎すぎる物体が漂着…あまりの奇妙さにSNSで情報提供呼びかけ

米ノースカロライナ州の海岸にて、奇妙な謎の物体が漂着しているのを通行人が発見した。

同州のナショナル・パーク・サービスは、この物体が正体不明だとして、フェイスブックに写真を公開して広く情報提供の呼びかけている。

Credit: Cape Lookout National Seashore via Facebook

この物体は、ノースカロライナ州シャックルフォード・バンクス東端の海岸で発見された。

まるで虫が集まって形作っているようにも見えるし、何かの骨のようにも見える。あまりにも不思議な形状であるため、フェイスブックのコメント欄には、「ワームが骨の破片を住処にした後なのかもしれない」といった意見から、「エイリアンとは言いたくないが…」といった、さまざまなコメントが寄せられている。

Credit: Creative Commons

寄せられたコメントの中で最も多かったのは、この物体の正体は「ハリセンボン」の死骸ではないかというものだった。一部のフェイスブックユーザーはハリセンボンの骨の写真をアップし、どれだけ形状が似ているかを比較していた。

実際、ハリセンボンの骨格は特殊な形状をしており、針に当たる部分の骨は、海岸で発見された謎の物体のパーツに形状が似ている。

Credit: Cape Hatteras National Seashore via Facebook

また、この謎の物体が発見された翌日に、ノースカロライナ州の別の海岸で風船のような謎の生命体が漂着するという出来事もあった。これは「カツオエボシ」と呼ばれる猛毒を持つクラゲの一種であったことが判明している。