あなたの口臭は大丈夫?お手軽対策から通院が必要なケースまで

 

他人の口臭が気になった経験、誰だって1度ぐらいはありますよね。

そして気になっても注意しにくいのが口臭の難しいところ。逆に、知らず知らずのうちに人に迷惑をかけている可能性だってないとは言い切れません。自分の口臭はなかなか自覚しにくいものですしね。

そして、口臭の原因はよく誤解されがちです。マナーとして正しい知識を身につけておきましょう!

 

口臭の原因は舌にあり

 

口臭の嫌な匂い、そのほとんどは剥がれ落ちた粘膜のカスや、食べカスに含まれるタンパク質、これが口の中にいる細菌によって分解される際に発生するガスの匂いです。

このガスを揮発性硫黄化合物(VSC)といい、玉ねぎが腐ったような臭いのメチルメルカプタン、卵が腐ったような臭いの硫化水素、そしてキャベツが腐ったような臭いのジメチルサルファイドなどが混じり合って臭気を発します。こう考えるとかなり気持ち悪いですよね。

これらの臭いは普段から口の中を清潔に保つことで解決できます。ですが、実は歯を磨くだけでは口臭はほとんど消えません。あまり知られていませんが、口臭は「歯」より「舌」に原因があるんです。

鏡で舌を見てみると、表面に白っぽい苔のようなものがついていませんか?これが口臭の主な原因「舌苔(ぜったい)」です

舌苔の正体は食べカスや細菌の塊で、口臭原因となる揮発性硫黄化合物(VSC)のおよそ6割がこの舌苔から作られていると言われています。

つまり、歯を磨いても舌苔を取り除かなければ、口は臭いままということです!

においが気になる方は、スプーンを使って簡単に調べる方法があります。スプーンの先端で舌の奥を擦り、乾かした後でにおいが口臭に近いものになります。

ちなみに健康な状態の舌には、うっすら舌苔が付いています。この程度であれば口臭の原因にはなりませんが、舌の表面が見えない程分厚く真っ白に付いている場合は除去が必要です。

 

口臭を防ぐ!重要な唾液の役割とは

 

もう一つ、口臭と深い関わりがあるのが「唾液」の存在です。唾液は口の中の細菌を綺麗に洗い流す効果があり、唾液が減ると口内に細菌が繁殖し、口臭もキツくなるのです。

そして、1日で最も口臭がキツイのが起床直後。これは眠っている間は唾液の分泌量が減るためで、朝起きた時の口臭を「モーニングブレス」と言います。

もう一つ気をつけたいのが「お腹が空いた時」です。人は空腹時に唾液が少なくなるため、連動して口臭がキツくなります。これを「ハンガーブレス」と言います。

食後に口臭を気にする人が多いと思いますが、食べ物を咀嚼することで唾液が増えるので、食後はむしろ口臭が抑えられるんです。

この他にも、緊張した時やストレスを感じた時にも唾液は少なくなるので、気をつけてくださいね!

 

自分でできる口臭の対策と通院が必要な口臭

 

ここからは肝心な口臭対策に付いて見ていきましょう。

まずは、口臭原因である舌苔の掃除です。歯磨きのついでに歯ブラシで舌を磨く人もいるかもしれませんが、毛先の硬い歯ブラシだと舌の粘膜を傷つける危険があるためおすすめできません。

舌掃除は毛先の柔らかい専用の舌ブラシを使うようにしましょう。鏡を見ながら舌を思い切り前に突き出し奥から手前に引く、を数回繰り返すだけで大丈夫です。舌ブラシを使う際も力を入れすぎたり、何回も磨いたりしないように注意しましょう。

あとは日常的に唾液の分泌を活発にして口内を清潔に保ちましょう。口は動かせば動かすほど唾液の分泌が盛んになるため、会話をするだけでも大丈夫。空腹が気になったらガムを噛むのもオススメです。

これらの対策をしても臭う人は病気が原因の可能性があります。

例えば「歯周病」や「虫歯」などの口腔内の病気や、呼吸器系、消化器系の病気、糖尿病なども口臭の原因になります。

最後に、実際は口臭などなく、周りの人も気にしていないのに、本人だけが口臭を気にしてしまう「心理的口臭」というものもあります。

心理的口臭の人は、周りの人の何気ない動作、例えば「鼻のあたりを抑える」「顔を背ける」などの仕草を見ると「自分の口が臭いから」と誤解してしまいます。結果、それがストレスとなって、本当の口臭に繋がることもあるそうです。

これらの口臭は自分ではどうしようも出来ないので、病院で見てもらうことをオススメします。

他人に嫌な顔をされないためにも、そしてなにより自分の健康のためにもお口のケアはしっかりとしたいですね。