コアラがいなくなる!?絶滅寸前のオーストラリアの動物たち一覧

ホットスポットという単語を聞いたことがあるでしょうか?

一般社団法人 コンサベーション・インターナショナル・ジャパンによると、ホットスポットとは「1500種以上の固有維管束植物(種子植物、シダ類) が生息しているが、原生の生態系の7割以上が改変された地域」としています。

そんなまさしく生き物たちの最後の楽園を取材したのが『ホットスポット 生命の宝石箱』です。初回の舞台はオーストラリア、日本人にとっても馴染みの深い動物たちが多数出演します。今回は番組開始前にその一部をご紹介します。

オーストラリアといえばコアラ!というほど有名なコアラですが、今はオーストラリアの一部の沿岸の森にしか生息しない生き物となってしまっています。77パーセントにも及ぶ森林破壊の影響を強く受け、いまや絶滅危惧種としての指定を受けるまでになっているのです。

Credit: Off The Fence B.V.

一方で、そんな厳しい環境の中でもたくましく生きているのがワラビーなどのカンガルーたちです。ちなみに、ワラビーとカンガルーの違いは乱暴に言ってしまえばその大きさで小さい方がワラビーで大きいほうがカンガルー、といった区分になっています。一般的に群れで行動することの少ない彼らですが、この地域では食事をともにするなど群れで行動することも多いようです。

番組内では更に珍しい種類のカンガルーやカモノハシなどが多く登場します。ぜひお楽しみに。

放送日時:6月4日(火)21:00スタート『ホットスポット 生命の宝石箱』はアニマルプラネットにてご視聴いただけます。未視聴の方は、こちらからご確認ください。