川に巨大アジ出現!?対決!那覇の『ロウニンアジ』

沖縄の川、特に那覇市とその周辺にみられる都市河川は非常に特殊な水域である。一見するとなんの変哲もない細い川なのだが、そこに暮らす魚類を見るとその異様さに気づく。

南日本有数の都市、那覇
街中を流れる河川には本土の感覚からするとあっとおどろくような魚たちが生息している。

例えばティアピラやグッピーといった外来魚で溢れ返っているいること。温暖な気候ゆえに各種の熱帯魚が繁殖、定着してしまっているのだ。
そしてそれ以上に目を疑うのはサメだのフエダイだの、いわゆる『海の魚』たちが何食わぬ顔で生活していることだろう。
しかも那覇の河川は河口が浚渫されて深くなっているため、比較的大型の魚も遡上できるのである。

小さな川で釣れたバラクーダことオニカマスの幼魚。川でカマス!?と不思議に思うかもしれないが、熱帯~亜熱帯性気候では海水魚が河川に出現する例は珍しくない。

彼らの目的は森林やマングローブから供給される昆虫や有機物。実は沖縄のような温暖な地域での場合、海よりも川の方が富栄養なため、わざわざこうした海産魚たちが一時的に回遊してくるのだ。そしてその中に『ロウニンアジ』なる魚も含まれている。

ロウニンアジの幼魚。これくらいならかわいいが…。

ロウニンアジは体重70キログラムにも達する大型魚で、釣り人からは『GT(英名であるジャイアントトリバリーの略)』と呼ばれ、多くの憧れを集めている。アジ科の魚の中でも特に河川への侵入を好む種で日本本土でも秋口になると河口域にまで餌を求めて侵入する。
しかも、水深が大きな場所では幼魚のみならず巨大な成魚までもが出没する。

那覇市内の河川で頻繁に見られるオオメジロザメの幼魚。てっきり彼らが沖縄におけるドブのぬしかと思っていたのだが…。

その大勝負は偶然に始まった。
那覇の住宅街で河川汽水域に遡上するサメ『オオメジロザメ』を撮影していた折、サメを釣るために投入していた仕掛けが何者かに相次いで破壊されるという事件が起きたのだ。川幅はせいぜい20メートルほど、川沿いを住民が行き交うのどかなドブ川での出来事である。

強い力で無理やり引き伸ばされたサメ釣り用の釣り針。

ワイヤーが引きちぎられ、釣り針は伸ばされ…。ひどい有様である。
オオメジロザメであれば、河川に遡上するのは体長1メートル前後、体重10キログラム程度の小型個体ばかりであり、こんな芸当は到底できないはず。

川沿いに暮らす住民に聞き取りを行うと、「時折、大きな音とともに謎の水柱が立つ。人食いザメではないか」との証言を得られた。
おそらくそいつが犯人だ。正体を暴いてやるとマグロやカジキ用の釣り針を用意。さらに並みの釣り糸や釣り竿では歯が立つまいと見立て、代わりに登山用のロープを持ち込んだ。
餌はその場で捕獲したティラピアやボラである。

極太の釣り針。こんなものを街中のドブで使用することになるとは夢にも思わなかった。
餌となる魚は現地調達。これはアフリカの減産のナイルティラピア。

友人とともに凶器めいた仕掛けを投げ入れ。通行人の奇異の目に晒されながら待つことしばし。
「ドッパーン!」という炸裂音とともに大きな水しぶきが上がった。
てっきり酔っ払いが落水でもしたのかと思ったがロープを引き込む剛力ですべてを悟った。
魚だ。しかも半端な大きさではない。

十数分におよぶ格闘の末、水面に浮かんだのは人食いザメではなくロウニンアジの成魚であった。まさかこんな魚がこんな小規模な都市河川にいるなんて。

格闘の末に釣り上げられた「川の巨大アジ」。

先述のとおり、沖縄の河川には餌を求めて海から小魚たちが集まってくる。そしてその小魚たちを捕食するために大型のロウニンアジは河川の汽水域へ侵入してくるのだ。
人の膝下ほどしか水深のない小規模な水路であっても、驚いたことにその扁平な魚体を起用に横たえてヒラメのように泳いで遡る。
が、餌の確保だけが河川へ出張する理由ではないかもしれない。
他に考えられるのは外敵からの逃避だろう。いかに大型魚とはいえロウニンアジは成魚でも数十キログラムほどの体躯。広大な海において、その程度では決して無敵とは言えない。その何十倍にもなるサメたちに怯えて暮らさなければならないからだ。大型のサメはロウニンアジの天敵となっているに違いない。

体をサメに食いちぎられたロウニンアジ。やはり川に比べて大海原の生存競争はダイナミックだ。

しかし、川へ上がってしまえば彼らに襲われる心配はない。
唯一の懸念であるオオメジロザメもそこまで大きな個体は体高と水深の都合からかほとんど遡上しないからだ。
となればロウニンアジの天下である。敵の影に怯えることなく、悠々と餌を食える。那覇の河川は彼らにとってみれば優雅なレストランなのだ。

 

平坂寛

*Discovery認定コントリビューター

生物ライター。五感で生物を知り、広く人々へ伝えることがポリシー。「情熱大陸」などテレビ番組への出演や水族館の展示監修などもつとめる。著書に「喰ったらヤバいいきもの」(主婦と生活社)
「外来魚のレシピ: 捕って、さばいて、食ってみた」「深海魚のレシピ: 釣って、拾って、食ってみた」(ともに地人書館)がある。
ブログ:平坂寛のフィールドノート