世界中に存在する秘境「ジャングル」…今日から使える遭難したときのサバイバル術も紹介

地球上には、熱帯雨林地域「ジャングル」が数多く存在する。

ジャングルは木々に覆われているため、人工衛星の「目」を持ってしても全てを明らかにできていない場所が多い。文明に触れたことすらない部族も多く存在しているほどだ。

その神秘さは世界中の文明人を魅了し、イギリス人作家ラドヤード・キップリングによる1894年の小説『ジャングル・ブック』や、『プレデター』や『ジュマンジ』をはじめとした多くの映画の舞台として現在も描かれ続けている。

だが一歩足を踏み入れるとジャングルは人に牙を向ける。ここでは世界中のジャングルを紐解き、もし遭難することがあっても生存率を上げるサバイバルテクニックを紹介したい。

 

目次

  • アマゾン川流域
  • カンボジア
  • マレーシア・ボルネオ
  • インド
  • パプアニューギニア
  • クリスマス島
  • アフリカ
  • ネパール
  • ジャングルで遭難した際のサバイバル術

 

世界中にあるジャングル

 

アマゾン川流域

Credit: Creative Commons

アマゾン川流域のペルーは、国の半分以上がジャングルだ。世界的にも生物多様性の高い地域であり、アルパカやリャマなど人の暮らしに溶け込んだ生き物から、ジャガーやアナコンダといった人の脅威になる生き物まで生息している。また、文明に触れていない部族の村が約80は存在しているといわれている。このような部族は森林伐採や疫病などによって、その姿はますます減っているのだという。

ペルーのジャングルにはインカ帝国の古代遺跡群も含まれ、その中でもマチュ・ピチュは観光地としても人気が高い。

 

カンボジア

Credit: Creative Commons

カンボジアのジャングルには、木々に呑み込まれているような古代遺跡、アンコール遺跡群がある。こちらも多様な生態系を持ち、カワドンゴウやバンテン、ウンピョウ、センザンコウなど独特な姿の生き物も多い。

2007年には、幼い頃行方不明となり18年間ジャングルで生活していた女性が発見されるという出来事もあった。

 

マレーシア・ボルネオ

Credit: Creative Commons

世界で3番目に大きい島ボルネオは、そのほとんどをジャングルが占める。サイやゾウ、オランウータンなどの他に、ワニやニシキヘビなどの大型爬虫類も生息している。また、巨大な花として知られるラフレシアも見ることができる場所だ。

 

インド

Credit: Creative Commons

何度も映画化されている小説『ジャングル・ブック』の舞台ともなっているインドのジャングル。小説と同じように、ナマケモノやクマ、ベンガルトラ、ライオン、ヒョウ、ゾウ、パンサー、オオカミなど、動物園でおなじみの動物たちが生息している。

 

パプアニューギニア

Credit: Creative Commons

75%がジャングルであるパプアニューギニア。独自の進化を遂げた動物が多く見られ、現在でも数多くの新種が発見され続けている。

 

クリスマス島

Credit: Raphael Bick on Unsplash

ヤシガニやカニが多く生息することでしられるクリスマス島のジャングル。クリスマスアカガニの繁殖期には、地面を覆い尽くすほどの数を目にすることができる。

 

アフリカ

Credit: Creative Commons

『ターザン』の舞台となっている西アフリカ沿岸のジャングルは、世界で最も知られているジャングルの一つだろう。アフリカ大陸には、ボリビアやルワンダにも美しい景色を望めるジャングルが存在する。

 

ネパール

Credit: Binit Sharma on Unsplash

ネパールのジャングルの多くは国立公園などの自然保護区に指定されている。観光客も訪れやすいジャングルだ。

 

ここでは紹介しきれなかったが、地球上には、世界でも古いジャングルがあるニュージーランドの他に、コスタリカ、スリランカ、中国、ベトナムと、数多くのジャングルが存在している。

 

ジャングルで遭難した際のサバイバル術

 

もしジャングルで怪我をしたら

遭難した場所がパナマのジャングルなら、怪我を負っても応急処置ができる場合がある。ジャングルでは小さな切り傷でも、菌が入ることによって敗血症を起こす可能性あるため、直ちに処置をした方が良いのだ。

Credit: Discovery Communications

パナマには1万種を超える植物が自生しており、その中には薬草になるものもあれば毒草もある。ベア・グリルスは、「破壊者(Destryyer)」と呼ばれる花の葉は殺菌作用をもたらす薬草になると説明している。葉を絞り、汁を傷口に塗ることで止血と殺菌ができるのである。

 

伝染病を媒介する蚊を避けるために

Credit: Discovery Communications

ジャングルで最も厄介な「蚊」を避けるためには、ハキリアリが木の葉を細かく刻んで巣の上で発酵させた培養土が効果的だ。この培養土にはアリが分泌したギ酸を豊富に含むため、防虫効果がある。これを体全体に塗っておけば大丈夫だ。

 

ジャングルで寝る時のポイント

松の木は8割が可燃性の樹脂なので、湿度が高かったり水に濡れたとしても火がつきやすいので焚き付け用としては最適だ。見つけたらナイフで削ぐなどして確保しておこう。焚き火の炎は睡眠を邪魔するしたりマラリアを媒介する蚊も遠ざけてくれる。

寝る際は、地上ではなく虫がこないように木の上など高めの場所にベッドを作った方が良い。熱帯であれば多少涼しく、比較的快適に寝れるはずである。

 

ジャングルであまり危険を冒さずに手に入るサバイバルフード

カカオやヤシの実など、原生植物の実は比較的手に入れやすいだろう。しかし、正しい知識を持っていないと毒性の植物も食べてしまいかねない。見たこともない植物を食べなければならない場合、サバイバルの専門家であればほんの少量口にして問題ないか確認できるが、危険を伴うのでできれば避けたい。

Credit: Discovery Communications

竹は節と節の間に比較的綺麗な水が入っていることがあるので、飲み水を確保する際に竹を調べてみよう。

さらに、竹を使えば魚を取るための槍を作ることもできる。先端部分を8つに裂き、それ俺を鋭く加工することで、魚が捕まえやすくなるのだ。また、竹は節と節の間に比較的綺麗な水が入っていることがあるので、飲み水を確保する際にも竹を調べてみよう。

竹が植生してない地域では細い種類のヤシの木でも代用できる。一部の若いヤシの木からは「ハート・オブ・パーム」という食物繊維やビタミンが豊富なヤシの芽がとれることがある。

日本では嫌われ者のシロアリは、タンパク質や鉄分が含まれ栄養価も高く、ジャングルでは食料にできる。巣は朽ちた木の上などあるので、そこにナイフをたて、シロアリが出てきたらそのまま食べることが可能だ。また、シロアリの巣を水辺に投げ込むと魚が食べようと寄ってくるので、漁をする際の蒔絵として使うのも手だ。

Credit: Discovery Communications

腐ったものに湧くウジ虫もタンパク質が豊富なので、加熱して食べても良い。

サソリやワニ、イノシシなど、危険を冒せば食べれるものもあるが、サバイバルの達人でもリスクをはらむためオススメはできない。

 

その他のジャングルにおけるサバイバルで大切なこと

コブラやワニなど、野生の動物と出会ったらむやみに近づくのはやめよう。特にヘビは木の上から落ちてきたり、気付かずに踏んでしまったりと、ジャングルでは最も危険性が高いと言える。実際、ベトナムでは、年間3万人が毒ヘビの犠牲になっているのだ。効果的なのが力強い足取りで進むことだ。蛇は振動を感知して大体は逃げていくはずである。

Credit: Discovery Communications

沼地などの水辺を歩くとヒルに噛まれることがある。ヒルは種類によってはあらゆる場所から人間の体内に入ろうとすることがあるので、水辺に近づいた後は常に噛まれていないかチェックした方が良い。

 

これらのサバイバル術は、ベア・グリルスやエド・スタフォードが実践しているものだ。これを機会に、もっと深くサバイバルの知識を学んでみてはいかがだろうか。