エド・スタフォードのすべて…英国陸軍時代からガチサバイバル番組『ザ・無人島生活』『ザ・秘境生活』まで

『ザ・無人島生活』『ザ・秘境生活』をはじめ、ディスカバリーチャンネルのサバイバル番組で活躍するエド・スタフォード。

世界初のアマゾン川踏破を達成するなど、エドは今や世界を代表する冒険家の一人だ。野生のハリネズミを豪快に食べるといったガチサバイバルする姿は多くの国で支持を集めている。本稿では、そんな彼がどのようにして冒険家となっていったのかご紹介しよう。

目次

  • エドの生い立ち
  • 英国陸軍の士官へ
  • 冒険家になるまで
  • アマゾン川踏破への挑戦とディスカバリーチャンネルとの出会い
  • 無人島ひとりぼっち60日間『ザ・無人島生活』
  • エドの活躍はまだまだ続く

エドの生い立ち

1975年12月26日、エドはイングランド東部の都市ピーターバラで誕生し、レスターシャー州で育った。

学生時代は寄宿制私立学校アッピンガムスクールで学び、レスターシャー州のボーイスカウト活動も行なっていた。アッピンガムスクールは、1987年から1年ほど俳優のヒュー・ジャックマンがティーチング・アシスタントとして働いていたことでも知られる400年以上の歴史を持つ名門校だ。アッピンガムスクール卒業後はニューカッスル大学へと進学。

 

英国陸軍の士官へ

Credit: The Sandhurst Trust

エドは陸軍の士官養成機関であるサンドハースト王立陸軍士官学校へと進む。士官学校では多くの生存術を学び、1999年7月、英国陸軍士官に任命されることとなる。

エドはデヴォンシャー&ドーセット連隊で歩兵小隊を指揮し、2000年には南アーマー州クロスマグレンへの遠征で活躍したことによってメダルを授与されている。

その後、軍事インストラクターとして数百人にも及ぶ新兵に基礎訓練の監督を行なったが、2002年、大尉となったエドは軍を去っていった。

 

冒険家になるまで

陸軍を去ったエドは、トレッキングや探検におけるリーダーを養成する組織トレックフォース(Trekforce)に所属し、中米ベリーズやグアテマラ、ボルネオのジャングルを探検するグループのガイドを勤めた。最終的には、ベリーズのカントリーディレクターに昇進し、全ての地域を取り仕切るようになった。

9.11の後、エドはアフガニスタンの危険な地域で国連職員へのアドバイザー業務も請け負ったこともあるが、しばらくして探検の仕事に戻っていく。エドは、旅行会社GVIの探検ツアーのプログラムディレクターとして、アルゼンチンの極寒地域パタゴニアでの探検などを受け持った。その後、GVIアルゼンチン支部の運営にも携わり、チリでの科学研究プロジェクトのサポートと北部の極冠地域横断を行った。

2007年、エドはBBCと仕事をする機会を得る。ガイアナ共和国で同局のナショナルヒストリーチームが滞在する撮影基地キャンプ建設を管理するという仕事だ。熱帯雨林の中心という環境で、建設中は35人のアメリカ人スタッフの安全を管理。9週間後に到着した撮影クルーのサポートも行った。

 

アマゾン川踏破への挑戦とディスカバリーチャンネルとの出会い

Credit: Discovery Channel

ディスカバリーチャンネルとエドの出会いは、2008年からスタートしたアマゾン川完全踏破プロジェクトだ。このプロジェクトは約6500kmあるアマゾン川を友人のルーク・コリヤーと共に踏破するという途方もないプロジェクトだった。これをディスカバリーチャンネルが支援したのだ。

エド達は2008年4月頭にペルー南部のミスミ山からスタート。当初の予定では1年で達成できるはずだった。

だが、スタートして3ヶ月でコリヤーが脱落。途中で出会った森林作業員のペルー人、ガディエル・チョー・サンチェス・リベラによるガイドを得て、2010年8月に目的を達成した。その日数はなんと860日にも及ぶ。

Credit: Guinness World Records

アマゾン川全踏破という偉業を打ち立てたエドは、「アマゾン川を踏破した最初の人物」としてギネス記録に登録されることとなった。ディスカバリーチャンネルはこのエドの偉業を、「Walking the Amazon(アマゾンを歩く)」というタイトルで二部構成のスペシャル番組として放送している。

 

無人島ひとりぼっち60日間『ザ・無人島生活』

2012年、エドは無人島に裸で乗り込み60日間過ごすという番組『ザ・無人島生活』に挑んだ。

食料、水、道具、そして衣服までもない状態からスタートするサバイバルドキュメンタリー番組だ。撮影用のカメラ、医療キット、緊急用の衛星電話、GPSメッセンジャーだけ持ち、生きるために必要な他の全てのものを現地で調達するという画期的な番組企画だった。

『ザ・無人島生活』は2013年より世界中で放送され、2014年の英ブロードキャストアワードで「最も人気のあったリアリティー番組」に選出されている。

 

エドの活躍はまだまだ続く

現在、エド・スタフォードの『ザ・秘境生活』は、テレビ放送だけでなく、YouTubeの配信でも大きな盛り上がりを見せている。エドは今後も、さらに皆が驚くようなものを見せてくれるだろう。