トラブル続きの漁もいよいよ終盤戦! ベーリング海でのカニ漁に密着する大人気シリーズが無料公開中!

ディスカバリーチャンネルの大人気シリーズ『ベーリング海の一攫千金』をご覧になったことはありますか?

本シリーズでは、一攫千金を夢見てベーリング海での過酷なカニ漁に挑む5隻の漁船に密着します。カニ漁もいよいよ終盤戦。最後の追い込みをかけるべく、それぞれのチームが気力を振り絞ります。

Credit: Discovery Communications

そんな中、ノースアメリカン号は仕掛けておいたはずのブイが見つからないというトラブルに見舞われていました。それは嵐によってブイが失われたから…という訳ではなく、船自体の装備の貧弱さによるものでした。

ノースアメリカン号は他の船と違い、ナトリウム灯という強力な照明を備えていません。そのため、夜は視界が悪くブイを見つけられずにいたのです。そして、さらにノースアメリカン号には足りない装備がありました。

それはカニの選別台です。資金難のため止む無く売却したのですが、これがないと荒れた海の上で何時間も腰をかがめたまま作業することになってしまいます。3年ぶりの漁ということもあり、クルーの勘が戻っていないのも作業の効率を大きく低下させていました。

トラブルに見舞われて出漁が出遅れてしまってから、運に見放されてしまったかのようなノースアメリカン号ですが、果たして遅れを挽回し、船倉一杯にカニを詰めて港に帰ることが出来るのでしょうか。