放置すると命に関わる!?意外と怖いいびきとその驚きの治療法

Credit: Discovery Communications

「いびきがうるさい!」と家族や配偶者に怒られてしまったという方も少なくないのではないだろうか。

実は睡眠時無呼吸症候群(SAS)からくるいびきの場合、放置していると普通の人と比べて死亡率が4倍にもなってしまう。そのため、可能な限り早い治療が望ましいが、今回はその中でも楽器を演奏するだけでいびきが治るという驚きの治療法を紹介しよう。

治療に用いる楽器はオーストラリアの原住民、アボリジニの伝統楽器であるディジュリドゥだ。その音色を聞いた欧米人が「ディジュリドゥ」と聞こえたことからその名がついたという木管楽器で、その独特な音色が特徴だ。

肝心の治療法はというと極めてシンプルで、ディジュリドゥを演奏するだけだ。循環呼吸というその演奏法が上気道周辺のたるんだ筋肉を引き締め、結果的にいびきの改善につながるのだという。

これは最新の治療法としてチューリッヒ大学も研究に乗り出しており、今後更に注目されることになるかもしれない。もし、いびきに悩んでいるならこの楽器の演奏を始めてみてもいいかもしれない。