自動運転技術のイマと未来…どこまで人は楽できるのか

自動車技術の大きな転換点となる、「自動運転(オートパイロット)」。

現在は限定的な運転支援にとどまっているが、将来的には完全にドライバーの操作が必要なくなることが期待されている。

自動運転技術の現状と、目指している将来をまとめてみよう。

 

自動運転技術の「レベル」とは

Image Credit: フォルクスワーゲン

自動運転にはレベル1から5まで、5段階の支援レベルが設定されている。なお、レベル0とはドライバーがすべての操作を行う、通常の車だ。

そして現在、日本で利用できるのはレベル2に相当する、ステアリング操作と加減速の連携による運転支援だ。具体的には、自動で前の車両との間隔を維持したり、車線の維持や変更を行うことができる。

さらにレベル3やレベル4になると、高速道路など特定の場所で全ての操作が自動化される。そしてレベル5では、完全にすべての操縦を自動車が行うことになる。

 

ドライバーの負荷を減らすために

Image Credit: LEXUS UK

それでは、レベル2の運転支援ではなにができるのかを見てみよう。例えばカーブランド「レクサス」に採用されている「Lexus CoDrive」では、レーダークルーズコントロール/レーントレーシング・チェンジアシストといった機能が実装されている。

レーダークルーズコントロールでは、100km/hなどセットした車速を維持しつつ、前方に他車両を検知すると自動で減速/加速する。

さらに、レーントレーシング・チェンジアシストでは車両が車線からはみ出ないように維持しつつ、ドライバーのウィンカー操作で前方の車両を追い抜くこともできる。現時点での運転支援では、ここまでの操作が連携して行えるようになった。

 

自動運転の目指す将来

Image Credit: テスラ

一方で、レベル5の自動運転の可能性を大きくアピールしているのが、電気自動車を販売する米テスラだ。同社が公開した自動運転技術のデモは、大きな話題となった。

テスラの自動運転では、車両が一般道にて信号や歩行者、他車両を検知しながら、手放しでの完全な自動運転を実現している。一般的に、一般道での自動運転は高速道路でのそれよりもかなり難易度が高い。

さらに、将来的には目的地を設定するだけで車両が自動でルートを設定し運転したり、あるいは遠隔操作で車庫や駐車場から自分の近くまで移動してくる「スマート サモン」も利用できるとしている。自動車は近い将来、驚くほどの変化をとげるはずだ。

塚本直樹

*Discovery認定コントリビューター

IT・宇宙・ドローンジャーナリスト/翻訳ライター。フリーランスとしてドイツを中心にヨーロッパにて活動しつつ、日本でのラジオ出演やテレビ、雑誌での解説も。 @tsukamoto_naoki