これがサバイバルだ! 水なし、服なし、スタッフなしで2ヶ月間生き残れ!

2ヶ月間、真っ裸の男がひとりで太平洋の無人島で生き残ることができるでしょうか?

「絶対無理!」という声がすぐに聞こえてきそうですが、その無理難題に挑戦する男がいます。元イギリス陸軍大尉で初めてアマゾン川を水源から河口まで踏破した記録を持つエド・スタフォードです。

Credit: Discovery Communications

こちらがそのエド。ちなみにこの映像、撮影クルーも同行していないためすべてエドの自撮りです。また、当然水や食料は持ち込み禁止で文字通り衣食住のすべてを現地で調達する必要があります。

Credit: Discovery Communications

そしてこちらがエドが2ヶ月間過ごすことになる無人島です。サバイバル初日、意気揚々と島へと上陸を果たしたエドでしたが、水も食料もなし、しかもひとりという不安は想像以上に厳しいものだったようでパニックを起こしてしまいます。

Credit: Discovery Communications

ちなみに、陸軍時代の厳しい訓練やアマゾン踏破などバイタリティ溢れるエドですが、サバイバルについては実戦経験はありません。この撮影に向けて準備を重ねてきたとはいえ、この状況はエドにとっても初めてのものなのです。

それでもなんとか目的を設定し、集中力を切らさないように努めて不安に打ち勝とうとするエド。水や食料、火に加え、安全に寝る事ができる場所も探さなくてはなりません。果たして、エドはこの島で生き残っていけるのか。まずは最初の2週間分の映像をお届けします!エドの奮闘、ぜひお見逃しなく。