生まれた順番で性格は本当に決まるのか?

生まれた順番で性格は本当に影響されるのか?

これまでの研究を交えて深掘りしていくと、”Birth Order” (生まれ順) についての研究は実は今から100年近く前から始まっている。

20世紀前半から研究をはじめたこのトピックの一人者と言われているのは、オーストラリア出身の精神外科、心理学書、アルフレッド・アドラー。

アドラーの研究では、「生まれた順番・きょうだい関係によりその後の仕事・恋愛・友情において大きな影響を及ぼすという。」

Images/Heritage Images/Getty Images

その後、多数の心理学者が似た研究を続けたが、最も話題になったのは 1967年に心理学者のケヴィン・レーマンが、調査結果をまとめた「The Birth Order Book:(生まれた順番)」が発表されたタイミングと言われている。

国内でもこの研究は注目されており、多くの本が出版されている。

心理テストや血液型占いの感覚でどんな特徴があるか、というのは聞いたことがある人も多いと思うが、100年以上前から研究が行われていたことを知っていた人はもしかしたら少なかったのではないか。

長子、中間子、末っ子、それぞれの特徴を知りたい人は動画を見ていただきたい。