ウィットに富んだトークとともに日本の旧車修復の世界を紹介する『千原ジュニアの名車再生!プロジェクト』

旧車好きとして知られる千原ジュニアが修復専門ガレージを訪問し、名車が再生されるプロセスを紹介していく番組『千原ジュニアの名車再生!プロジェクト』。旧車マニアの間で良く知られる有名なガレージが登場し、エンジニア達が長年放置され腐食だらけとなった名車の修復に挑む。

1960年代から1970年代頃の車に魅力を感じ、いつか自分の車だけを使って「三億円事件」の映画を撮影するのが夢だと言う千原ジュニア。旧車を修復するという本番組のオファーが来たとき、「よくぞ私に話を振ってくれた」と思ったそうだ。車のボルト1本まで細密に見ることができたのは彼にとっても貴重な経験となったようで、もし自分ではなく他の人がこの番組を担当していたら悔しいと思っただろうと語る。

嬉々として説明してくるエンジニア達は本当に車が好きなのが伝わってくる。彼らの説明を聞いているときが、千原ジュニアにとって一番楽しかった時間だという。エンジニア達は、言葉を選ばずに言ってしまうとド変態のレベルなのだそうで、ただ話を聞いているだけで楽しい時間へ誘ってくれるとのこと。車が大小様々なパーツの集合体であること、そういったものが街を走っていること自体が不思議に思えてくるという。

番組については、旧車好きはもちろん、そんなに興味がない人でも楽しめる番組になっていると語る。あるものに対する熱量を持った人たちの話は、多くの人の興味を惹きつけるからだ。

千原ジュニアのウィットに富んだトークは修復の話だけにとどまらず、その旧車にまつわる歴史や元オーナーのストーリーも引き出していく。本番組では、世界的にも独自の進化を遂げている日本の車カルチャーの奥深さを知ることができるだろう。

13回にわたって送る『千原ジュニアの名車再生!プロジェクト』は、12月14日(金)から毎週よる19:00~にて、dTVチャンネル内のクルマ・バイク専門チャンネル「Discovery TURBO」内でスタートする。

dTVチャンネル詳細はこちら