700フィート級の巨大小惑星が地球に衝突!? NASAの警告と真相は…?

映画『アルマゲドン』さながらに、小惑星が地球に衝突…。そんなSFのような事態が本当に起こるかもしれない。

イギリスのタブロイド紙「エクスプレス」で、「2023年までに700フィート級(約213メートル)の小惑星が衝突するリスク」について報道。世界中で、その噂が一気にかけめぐっているのだ。その真相はいかに…?

 

モンスター級の小惑星が地球に衝突

「エクスプレス」が11月25日に報じたのは、700フィートのモンスター級小惑星が地球に衝突する可能性があるということ。それによって、2023年から2117年の間、62回も隕石が地球上に降り注ぐかもしれないというのだ。しかも、これはウェブ上の噂話ではなく、NASAが発表しているというのだ。

 

小惑星衝突の噂の真相を調べてみた

では、この噂の真相について調べてみよう。

NASAのJPLと呼ばれるジェット推進研究所は、地球に接近する小惑星などを観察する任務があり、JPLのウェブサイト上では地球に接近する小惑星のリストも閲覧できるようになっている。今回衝突の恐れがあると言われる巨大惑星は、JPLによって発見されたもので、2018 LF16と名づけられ、確かにJPLのリストに載っている。

そのリストの情報によると、2018 LF16は2023年8月8日に地球に衝突。その後地球の軌道上をまわり、2024年8月3日、2025年8月1日など、2117年までの間に計62回隕石が衝突するというのだ。この衝突の報道は、確かにNASAが表示したデータに基づいたものなのだ。

credit: ESA 2010 MPS for OSIRIS Team MPS/UPD/LAM/IAA/RSSD/INTA/UPM/DASP/IDA (Asteroid Lutetia)

ただJPLの計算によれば、この隕石が地球に衝突する可能性は、1/3000万。衝突しない確率は99.9999967%と、限りなく100%に近い。

ただし、地球への隕石落下は決して珍しいことではないし、宇宙には宇宙ゴミも含めて様々なものが浮遊しているという。何が起こるかわからない自然相手のことだけに、100%気を抜いてしまうというのもよろしいとは言えないだろう。時には宇宙に目をむけて、地球の平和を考えてみてもいいかもしれない。

 

【お詫びと訂正】11月29日に掲載しました本記事について、記載に誤りがありましたため、訂正いたしました。ご迷惑をお掛けした読者の皆様、ならびに関係各位に深くお詫び申し上げます。(12月11日, Discovery編集部)

(誤)

【タイトル】700メートル級の巨大小惑星が地球に衝突!? NASAの警告と真相は…?

【本文】イギリスのタブロイド紙「エクスプレス」で、「2023年までに700メートル級の小惑星が衝突するリスク」について報道。世界中で、その噂が一気にかけめぐっているのだ。その真相はいかに…?

(正)

【タイトル】700フィート級の巨大小惑星が地球に衝突!? NASAの警告と真相は…?

【本文】イギリスのタブロイド紙「エクスプレス」で、「2023年までに700フィート級(約213メートル)の小惑星が衝突するリスク」について報道。世界中で、その噂が一気にかけめぐっているのだ。その真相はいかに…?

Makiko Sato*Discovery認定コントリビューター

雑誌編集者や広告のプランナー、コピーライターとして長年経験を積み、フリーランスのプランナー、エディターとして活動中。