サバイバルゲーム 無人島編:無人島でも大丈夫!リゾート気分になれるシェルターの作り方を紹介

イギリス軍特殊部隊出身のベア・グリルスが過酷な環境でのサバイバルに挑戦する大人気シリーズ『サバイバルゲーム』。今回は無人島でも快適に過ごせるシェルターの作り方を紹介する。

Credit: Discovery Communications

まずは最良を集めよう。今回は南国の嵐にも耐えられるようにA字型のシュルターを作るので、海岸線に大量に落ちている流木から太くしっかりしたものを拾ってこよう。次に屋根になるヤシの葉とツルだが、こちらもこの地域には多く自生しているので入手には事欠かない。

Credit: Discovery Communications

材料を集め終わったら早速組み立てだ。流木とツルを組み合わせて一通りフレームを作り終えたら、一度しっかり体重をかけて置くことが重要だ。そうすることでしっかりとツルが締り、頑丈になる。

Credit: Discovery Communications

続いては屋根づくりだ。ヤシの葉はこのようにスッパリと中央から半分に割ることが出来る。ヤシの葉を屋根に使うことで、雨風から身を守ることができるうえ、足元に雨どいがわりになるように竹を割っておいておくことで、水を集めることができるのだ。

Credit: Discovery Communications

シェルターを作り終えたらお待ちかねの夕食だ。メニューはヤドカリの爪とアカエイ。シーフードづくしの豪勢な夕食…となるはずだったが、アカエイの方はあまりいただけないお味だったようだ。