エジプトの古代寺院遺跡で大量に発見される「動物のミイラ」…宗教ビジネスの一環だった?

11月12日、エジプトの考古省は、サッカラにおいて猫やスカラベの大量のミイラを発見したとFBで発表した。推測では、4500年から6000年ほど前の神への奉納物であったといわれている。

人間のミイラだけではなく、動物のミイラはこれまでも数多く発見されてきた。しかし、その存在が重要視されはじめたのは最近のことである。

エジプトから発見される大量の動物のミイラを調査分析し、古代の動物たちの毛の色、形、大きさを研究するプロジェクトも発足した。

 

研究に従事するのは、古代繊維の専門家!

Credit : Credit: Ministry of Antiquities وزارة الآثار via Facebook

エジプトの考古学博物館に次ぐレベルを誇るトリノのエジプト博物館。

この博物館内に、動物のミイラの調査を公開するオープンスペースが設けられている。来館者の好奇心に満ちた視線を浴びながら動物のミイラを扱っているのは、古代の繊維の専門家である。

エジプト博物館には現在、およそ120に及ぶ動物のミイラが保管されている。猫、犬、牛、ワニ、ヒヒ、ジャッカル、馬、トキ、ハヤブサ、へび、ガゼル、ライオン、ロバ、そしてスカラベ。古代のエジプトでは、あらゆる動物がミイラにされていたのである。

それは、いったいどんな理由によるのであろうか。

 

神への捧げものとして寺院で飼育されていた動物たち

Credit : Wikimedia Commons

動物たちのミイラは、寺院から大量に発掘されている。たまさかに、人間と一緒にミイラとして葬られている犬も発見されるが、これはペットとして愛されていた犬たちであろう。死してなお、愛する犬と共にいたいという愛犬家は古代にも存在したことを物語る。

一方、寺院で発見される動物のミイラは、その動物に関連する神への捧げものであった。たとえば、バステトの女神には猫、セベク神にはワニ、といった具合に。

こうした動物たちは、寺院内で飼育され殺されミイラにされて、信者たちに販売されていた。その証拠に、歯がすべて抜かれたヒヒのミイラや、頚椎が粉々になった猫のミイラも数多く発見されている。また、動物のミイラをかたどっていながら、中は空っぽであるものもある。その代わりに、豪華な装飾が施されているミイラは富裕層からの奉献と推測されている。こうした動物のミイラは、当時の人々にとってはかなり高価なものであったようだ。

 

大量にヨーロッパに運ばれ燃料として使用されたミイラ

人間のミイラと同様、19世紀には大量の動物のミイラがヨーロッパに運ばれた。その数は、一説によれば19トン。多くはイギリスに持ち込まれ、肥料や燃料として使用されたという。

ちなみに、アビドスからは大量のトキが、コム・オンボからはワニが、トゥナ・エル・ゲベルではトキとヒヒが、サッカラとブバスティスからは数多くの猫のミイラが発掘されている。

 

ミイラの形にも美的センスが

Credit : Credit: Ministry of Antiquities وزارة الآثار via Facebook

現代の動物愛護の精神で考えれば、これは動物の虐待以外のなにものでもない。

しかしそうした倫理観は別に考えると、ミイラにされた動物たちは非常に念入りに形を整えられていることがわかる。

例えば猫のミイラは、耳がぴんと立ち、脚が整えられ、後ろ足のあいだからしっぽを出して腹部をまわり首のところで止められている。猫の優雅さを損なわずに、ミイラ化されているのである。

 

最先端の技術で棺もミイラも開けずに研究分析をするプロジェクト

Credit : ccphotosearch.

トリノのエジプト博物館で動物のミイラの研究に従事しているチンツィア・オリヴァは、もともとは古代のコプト織の研究者であった。バチカン博物館に保管されていた動物のミイラの研究のためにローマに呼ばれたことが、彼女の現在の研究のきっかけとなっている。

オリヴァ氏を中心に、技術面でいくつかの私企業がスポンサーとなり、パキスタンのエジプト学者サリマ・イクラム博士も参加した「動物のミイラ」研究のプロジェクトが発足したばかりだ。技術の向上は、棺やミイラを解体することなく分析調査を可能にしている。

トリノのエジプト博物館内で、オリヴァ博士がオープンに動物のミイラを研究する姿を、訪れる子供たちも目を輝かせて見学している。

 

【お詫びと訂正】11月15日に掲載しました本記事について、記載に誤りがありましたため、訂正いたしました。ご迷惑をお掛けした読者の皆様、ならびに関係各位に深くお詫び申し上げます。(11月19日, Discovery編集部)

(誤)
推測では、60000年ほど前の神への奉納物であったといわれている。

(正)
推測では、4500年から6000年ほど前の神への奉納物であったといわれている。

 

Sachiko Izawa

*Discovery認定コントリビューター

イタリア在住ライター。執筆分野は、アート、歴史、食文化、サイエンスなどなど。装丁が気に入った本は、とりあえず手に入れないと気持ちが落ち着かない書籍マニア。最近のひとめぼれは、『ルーカ・パチョーリの算数ゲーム』。@cucciola1007