じわじわと迫りくる脅威…今、医薬品による水環境汚染が深刻化している

私たちがふだん何気なく使っている飲み薬、塗り薬や錠剤などが、世界中の地表水をじわじわと汚染しつつあるそうだ。オーストラリアのモナシュ大学によれば、世界中の河川や湖から検出された医薬品は600種にものぼるという。

 

医薬品のスープ

世界人口の増加と老化とともに医薬品使用も増えてきている。これらのうち体に取り込まれなかった余剰な成分は尿とともに排出され、または未使用の薬がそのままトイレや水道に流されたりして下水に混入してしまう。

ところが、たとえ下水処理場を介したとしてもそれらの化学物質を完全に取り除くことはできないそうだ。下水に混入した医薬品は川へ、そしていずれは海へと流れ着き、徐々に溜まってしまう。

何百種もの医薬品が自然の生物に、そして広くは生態系にどのような影響を及ばすかは未知数だ。ましてやそれらの医薬品同士が化学反応を起こす可能性も充分にわかっていない。このままでは人間が捨てた医薬品の影響が食物連鎖を通して人間に跳ね返ってくる時が必ずくる。

Credit: USAGI_POST / Pixabay

 

手つかずの国立公園内でも…

世界中の池や川が医薬品のスープのようになってしまっているのなら、そこに棲んでいる水生生物はどのぐらい汚染されているのだろうか?

疑問に思ったモナシュ大学のリッチモンド博士は、オーストラリアの6つの川に棲む水生昆虫の幼虫からどれだけの医薬品が検出されるかを調べた。その結果、水生昆虫からは69種もの医薬品が検出されたそうだ。

もっとも多かったのは抗鬱薬、抗生物質、抗ヒスタミン薬、非ステロイド性抗炎症薬などだった。そしてもっとも汚染状況がひどかったのは下水処理場の下流だった。

しかし、一見手つかずの大自然が広がっている国立公園内の川からも同じ薬物が検出されたというから驚きだ。どんな秘境にも人間の手がすでに及んでいる証拠である。

さらにその水生昆虫を食すクモの体からもどれだけの医薬品が検出されるかを調べた結果、66種が検出された。医薬品が確実に食物連鎖を上がってきていることを突き止めた研究はこれが初めてだという。

Credit: rawenergy / Pixabay

 

抗鬱剤は魚を興奮させてしまう?

これらの医薬品が生物に及ぼす影響はまだ充分に検証されていない。

希少な研究成果を発表しているモナシュ大学のウォン教授(Bob Wong)とマーティン博士(Jake Martin)によれば、淡水魚のカダヤシにフルオキセチン(抗鬱薬のプロザックに含まれる有効成分)を与えたところ、オスが性的に興奮してメスに過剰な「セクハラ」を行ったそうだ。

それだけではない。別の実験でフルオキセチンを与えられたカダヤシがどのように外敵に反応するか調べたところ、逃げるそぶりを見せなかったという。

あまりにもしつこいオスから逃げ惑うメスも受難だし、外敵に隙だらけになってしまっては種の存続が危ぶまれることは明らかだ。

Credit: stevepb / Pixabay

 

薬の正しい捨て方

海洋プラスチック汚染よりも広範囲に、しかも急ピッチで広がりつつある医薬品汚染。対策は薬を服用する私たち一人ひとりが適切に医薬品を処分することから始まる。

第一三共ヘルスケアによれば、薬を捨てる時はまず容器から取り出してから容器と中身を別々に処理するそうだ。

具体的には…

錠剤は封筒に、軟膏などは紙に包んで可燃ごみに出します。

目薬やドリンク剤などの液剤は新聞紙や布に吸収させてから可燃ごみに出します。

スプレーなどのエアゾール剤・噴霧剤は、火気のない屋外に出て、容器に表示しているガス抜き方法で中身を出し切ってから不燃ごみに出します。

外箱、液剤容器、くすりの包装物にはリサイクルのための識別マークが表示されているので、お住まいの自治体の分別方法で廃棄してください。

第一三共ヘルスケア「くすりと健康の情報局」より抜粋

 

インフルエンザや風邪が流行するこの季節、使わなかった薬は適切に処理して環境への影響を最小限に留める努力をしたい。

 

 

山田 ちとら

*Discovery認定コントリビューター

日英バイリンガルライター。主に自然科学系の記事を執筆するかたわら、幅広いテーマの取材やインタビューにも挑戦中。根っからの植物好き。薬嫌いの子どもを持つ。 https://chitrayamada.com/