サバイバルゲーム 無人島編:崖から降りようとしたらロープが切れて…

イギリス軍特殊部隊出身のベア・グリルスが過酷な環境でのサバイバルに挑戦する大人気シリーズ『サバイバルゲーム』。今回は川を下って目的地を目指す過程でベアに過去最大の危機が訪れる。

Credit: Discovery Communications

ベアが訪れたこの時期はちょうど雨季で川も増水し、流れも早くなっていた。脱出地点までたどり着くために効率がいいと川沿いを進むベアだったが、その前に障害が立ちはだかる。高さ12メートルはあろうかという崖だ。苔むした表面は悪いことに非常に滑りやすくなっていた。

Credit: Discovery Communications

しかしここでは迂回せず、ツルを使ってお手製のハーネスを作って崖を降りることに。そんな中見つけたのは、「森のケーブル」と呼ばれるヤナギ科のツル。100メートル近く伸びるものもあり、ハーネス作りにはうってつけだ。という訳で早速ハーネスを作って降りていく。「切れなければ大丈夫…」ということだったが果たして。

Credit: Discovery Communications

「ブチッ…」。嫌な音とともにツルが切れ、ベアは滝壺ちかくの激流の中へ落下。一瞬ベアの体が完全に水中に消え、あわやという場面だったが、なんとかベアは自力で川岸までたどり着き事なきを得ることができた。改めてベアが挑んでいるのが、「サバイバル」だと実感させられる、緊張感のあるシーンだった。