サバイバルゲーム 無人島編:体長3メートルの巨大トカゲを捕食してみた

イギリス軍特殊部隊出身のベア・グリルスが過酷な環境でのサバイバルに挑戦する大人気シリーズ『サバイバルゲーム』。今回は皆様お待ちかねのベアの食料確保編をお届けする。

Credit: Discovery Communications

スタートから未だに沼地をさまようベアの前に現れたのは体長3メートルはあろうかというオオトカゲだ。捕まえようとするベアに対し、オオトカゲも猛然と抵抗し、沼地の中で文字通り泥沼の戦いに。水中での格闘の末なんとか捕まえることに成功する。ただ生のままでは食べられないため、陸地に上がって調理することに。

Credit: Discovery Communications

その調理方法はいたってシンプル。焚き火のうえにそのままトカゲをおくだけだ。一見雑な方法に見えるが、皮が肉が焦げるのを防いでくれるのだという。ちなみに、トカゲの胴体は皮ばかりで食べられる部分が殆ど無いので、画像のようにしっぽを食べるのがおすすめ。そして気になるお味だが、肉自体は硬いもののそれなりに美味しかったようだ。