サバイバルゲーム ザンビア編:イモムシを食べたらひどい目に遭った件

イギリス軍特殊部隊出身のベア・グリルスが過酷な環境でのサバイバルに挑戦する大人気シリーズ『サバイバルゲーム』。今回はベアのお手軽クッキングが思わぬトラブルを招くことになる。

モパネの木という一見何の変哲もない木を見つけると、ベアには何やらお目当てのものがある様にいそいそと探し始める。そして、少しして見つけたのはやはりというべきか…まるまると太ったモパネワームというガの幼虫。まさかこれも生でいくのでは…と少し心配になったが、モパネワームの体毛は喉を痛めてしまうため、生のままでは食べられないということ。

Credit: Discovery Communications

というわけで、拾った空き缶を利用してオーブンを作ることに。まず、フタをくり抜いて側面や底に空気を通すための穴を開ける。そして、焚き火の中にカンをおけば完成だ。その上で枝に刺したモパネワームを入れて焼いていくのだ。

Credit: Discovery Communications

肝心のお味はというと、もうこのベアの表情だけあれば語ることもないだろう…。歴戦のサバイバリストでも美味しくないものは美味しくないのである。そして、この食事がベアにさらなる災難を呼び込むことになる。それは下痢。脱水症状をおこすだけでなく、体内のミネラルも同時に失われるため、サバイバルではそのまま死に繋がりかねない危険な状況だ。

Credit: Discovery Communications

そのため、下痢の治療と同時に水分を補給する必要がある。ただし、雨季で水が豊富にあるとはいえ、そのあたりにある水をそのまま飲むのはNG。しっかりとろ過して煮沸消毒する必要がある。今回ろ過するために用いるのはリュックのポケット。これを切り取って中に水と先ほどの調理で出た炭を入れてろ過し、その水を飯ごうで沸騰させる。

Credit: Discovery Communications

更に沸騰させた水にも炭を砕いていれることで体内の毒を吸収してくれるという。どす黒い液体で飲むにはすこし気が引けるが、これでとりあえず急場は凌げそうだ。