Credit : C. Yamada

昆虫食ブーム、くるかも?自動販売機で気軽にバッタやイナゴを買える時代が到来

今、昆虫食が食料問題の対策の一つとして世界的に注目されている。

国際連合食糧農業機関(FAO)によると昆虫は餌料変換率が高く、栄養価も高いうえに環境に与える被害が少ない生物として未来の食糧難を救うカギとなるそうだ。昆虫は全体を食べることも、粉状もしくはペースト状に加工して他の食べ物と混ぜることもできるので、あらゆるレシピに対応できるという利点もある。

世界的に1900種類以上の昆虫食が確認されている中で最もよく食べられているのは、甲虫類(31%)、毛虫・イモムシ類(18%)、ハチ(14%)、バッタ類(13%)、セミ(10%)、シロアリ(3%)、トンボ(3%)、ハエ(2%)だそうだ。

Credit : Fazer Group

粉状の昆虫を混ぜたパンやパスタは欧米ですでに商品化され始めている。ディスカバリーで以前ご紹介したコオロギパンも、フィンランドでは売り切れ店が続出するほど人気を博しているようだ。

 

熊本県熊本市に「昆虫食自販機」登場

この昆虫食トレンドをいち早くキャッチしたのが熊本市内でバルーンショップを営む友田氏だ。FNNによれば、昆虫食品を気軽に買える「昆虫食自販機」を設置し、10月25日から販売を開始する予定だそうだ(10月23日時点)。

商品はコオロギのプロテインバー、コオロギ粉末入りパスタ、バッタとミルワームのチョコレートがけ、タガメ・コオロギ・ゲンゴロウ・バッタの目・幼虫ミックスの素揚げなど10種類。味を担保するために、すべて店主自らが試食してから提供するという。

FNNの取材によると、店主のイチオシはバッタのチョコレートがけ。「食感がおもしろい」そうだ。

 

昆虫食を求めて井の頭公園へ

気候変動が農作物や畜産物に及ぼす影響は計り知れない。そう遠くはない将来、もしかしたら昆虫食に頼らざるをえない生活が待っているかもしれない。

そう考えるとぜひとも今から昆虫食を食べておきたいものだが、残念ながら九州地方に住んでいない…という方でも、東京都内で気軽に昆虫食を手に入れられる場所がある。

こちらが元祖・日本初の昆虫食自販機である。

Credit: C. Yamada

東京都武蔵野市・三鷹市にまたがる井の頭恩賜公園。都内の人気スポットとして賑わいを見せる一角に、その自販機はあった。七井橋前の売店の裏手に設置されているベージュ色の自販機をのぞくと…

Credit: C. Yamada

正真正銘の昆虫食だ。

店主にお話を伺ったところ、「いなごの甘露煮」と「蜂の子花九曜煮」はどちらも3年ほど前から販売を始めたそうだ。常に新しいものを取り入れるのが好きで、「東京でも手に入らないものを、手軽に送料いらずで提供しよう」と考えた結果、昆虫食にたどり着いたという。日本の昆虫食のメッカ、信州は長野県に拠点を置く『原田商店』から直接卸しているそうだ。

「蜂の子花九曜煮」は体によいとされ、お年寄りにも人気だという話だ。わざわざ名古屋から買いに来た人までいたという。

Credit: C. Yamada

じつは日本人にとって馴染みが深い昆虫食。その代表格はイナゴだろう。大切な稲がイナゴに食われた時、柔軟な思考をもった人物が逆にその憎いイナゴを捕食してみたらあんがい美味しかった――、そんな発端を持つのかもしれない。戦争で食べる物が充分になかった時代に、貴重なタンパク質とカルシウムの補給源とされたそうだ。

Credit: C. Yamada

気になるお味だが、意外と美味しい。エビのような味、と言われればそのような気もしてくる。

翅や腿節がやや硬くて舌に引っかかるように感じるが、豪快に噛んでしまえば美味しくいただける。むしろ、よく噛んでから飲み込まざるをえないので、顎の発達にもいいかもしれない。

Credit: C. Yamada

蜂の子の花九曜煮も食べてみたところ、こちらのほうがややクセがあり、異質なモノを食べている感じが否めなかった。食感はやわらかく、歯応えらしきものはない。「蜂の子」と書いてあるが、実体は蜂の幼虫・サナギ・成虫(?)までもが混ざっているように見える。

調味料は砂糖と醤油のみと書いてあるが、そこはかとなくハチミツらしき甘さも感じられた。しばらく噛んでいると、じわっと広がってくる後味は…昆虫味、とでもいうのだろうか。初めての味だった。

ちょっと難易度が高めの見た目と味。 Credit: C. Yamada

持続可能な食糧供給を目指して、自然の恵みはなんでも美味しくいただけるように心がけたい。そんなあなたにピッタリな昆虫食自販機が、今後増えていくかもしれない。

 

山田 ちとら

*Discovery認定コントリビューター

日英バイリンガルライター。主に自然科学系の記事を執筆するかたわら、幅広いテーマの取材やインタビューにも挑戦中。根っからの植物好き。イナゴはいける! https://chitrayamada.com/

RELATED POST