ついに始まる8K放送は我々の生活を変えるのか?

日本では2018年12月1日から、BS・110度CSチャンネルにて「4K・8K放送」が開始される。これは世界に先駆けての実用放送の開始だ。

しかし4K放送はまだしも8K放送が必要なのかという疑問は、消費者だけでなく業界筋からも登場している。

ここでは8K放送のメリットと懸念についてまとめてみよう。

 

高い導入ハードル

 

Image Credit: 総務省

まず、日本では4K・8K放送は地上デジタルではなく、先述のようにBS・110度CSにて実施される。視聴には4K対応テレビや8K対応テレビにくわえ、アンテナとチューナーが必要だ。

さらに、新たな4K・8K放送では「左旋円偏波(左旋)」という新たな受信方式が追加採用されている。これは限られた周波数帯を有効に活用するための仕組みだが、こちらも受信には新たなパラボナアンテナ、分配器、増幅器などが必要になってくる。

12月1日から実用放送が開始されるNHKのスーパーハイビジョン(8K)はこの左旋を利用するため、テレビからチューナー、アンテナなど、8K放送を楽しむためのハードルはかなり高い。

 

8K放送でしか味わえない世界

Image Credit: シャープ

一方で、8K放送のメリットが非常に大きいのも事実だ。まずハイビジョン放送の8倍にもなる解像度を活かして、これまで不可能だった精細なイメージを楽しむことができる。

さらに解像度だけでなく、色域も拡大。これにより「実物に近い描写」が可能となる。8Kの実験放送を見た人は「まるで3D映像のようだった」との印象を受けることがあるが、これも解像度や色域の拡大のおかげだ。

さらにフレームレートを向上させることでスポーツ放送がなめらかになったり、より細やかな多階調表現、HDRを利用した高輝度での表示も楽しめる予定だ。

 

普及はコンテンツ次第

Image Credit: Mashable

一方で、海外メデイアでは「8Kテレビは時期尚早だ」という声も多く見受けられる。その理由は、コンテンツ不足だ。

8K放送はようやく今年に日本で開始されるといった状況で、海外ではその解像度に見合ったコンテンツが極めて限られている。また従来解像度のコンテンツも「アップスケール」といった方法で美しく見せる工夫はあるが、やはり8K解像度を完全に活かしているとは言えない。

しかし、2020年に開催される「東京オリンピック」では、日本を含む海外でも8K放送が大いに注目されることだろう。それまでに放送業界と家電メーカーはいかに8K放送の環境を整備し、オリンピックイヤーに向けて消費者の関心を引き付けられるかが、8K放送の成功の鍵となるはずだ。

塚本直樹

*Discovery認定コントリビューター

IT・宇宙・ドローンジャーナリスト/翻訳ライター。フリーランスとしてドイツを中心にヨーロッパにて活動しつつ、日本でのラジオ出演やテレビ、雑誌での解説も。 @tsukamoto_naoki