自動車工場はまるで災害レベルの散らかりよう!リチャード・ローリングスの大胆な再生計画とは

『ガレージ・リハブ』は、人気シリーズ『ファスト&ラウド』でおなじみガス・モンキー・ガレージのリチャード・ローリングスとその仲間たちが、問題のある自動車修理工場を再生させていくドキュメンタリーシリーズ。

今回リチャードたちが訪れたのは、テキサス州ダラスにあるグレープヴァイン自動車修理工場だ。敷地に入った瞬間にリチャードたちの目に飛び込んできたのは、無造作に放置された何台ものスクラップ同然の車。嫌な予感がしつつオフィスに入ると、出迎えてくれたのはスマホ片手にサンドイッチを食べている従業員とオーナーの犬。机の上にはタバコを吸った形跡もあり、椅子やソファーも汚れたままだ。さらにはシーリングファンライトの羽が腐食していてボロボロと崩れてくる。接客をする環境としてはまさに「最低」だ。

メインの作業場は災害級の散らかりようだ。車のパーツが整理もさずに地面に置かれていたり、工具はいたるところに置きっ放し。積み重ねすぎた段ボールは今にも崩れそうになっている。従業員はタバコを吸いながら車の修理を行っているなど、工場のどこを見てもリチャードは呆れるしかない。

工場は最も良い月で5万ドルから6万ドルを売り上げてはいるが、オーナーは2人の娘を養育しなければならず、多額の借金も抱えている。問題は散らかった職場環境だけでなく、来客用のオフィスでサンドイッチを食べたり、車のエンジンルームでタバコを吸う従業員の素行も改めさせる必要がある。

だが、近くには街もあるし、工場はメインストリートのそばであるため立地は優れている。オーナーは従業員に慕われているし、顧客の信頼も厚い。利益を上げるための要素は十分にあるのだ。リチャードは月の利益を2倍にするべく、5日間という短い期間で大胆な改革を開始する。

番組は、リチャードがグレープヴァイン自動車工場の従業員と真っ向からぶつかりながらも工場の利益を上げるために向き合っていく姿を追う。設備だけでなく、工場のレイアウトから変えてしまうというリチャードの大胆な再生計画は必見。

放送日時:11月7日(水)21:00スタート
『ガレージ・リハブ』はディスカバリーチャンネルにてご視聴いただけます。未視聴の方は、こちらからご確認ください。

 

RELATED POST