布・飼料・食料にもなる画期的なワタが開発される!米研究チームの23年越しの悲願、ついに達成

長きにわたる努力がついに実った。

インド出身の植物工学学者であるラトール教授(Dr. Keerti Rathore)がアメリカのテキサス A&M大学に着任したのは1995年。そこで彼が「最初のプロジェクト」として始めたワタの研究は、その後23年間に及ぶ一世一代のビッグプロジェクトとなった。

紆余曲折を経て、2006年には遺伝子操作により画期的なワタを作り上げることに成功。そして今年に入り、米農務省に安全かつ有益な作物と認められ、自由化されるという快挙を成し遂げた。

ラトール教授の「TAM66274」は、遺伝子を移植して作られたまったく新しいワタだ。注目すべきは食用化されたその種。約23%のタンパク質、油分と豊富な栄養を含み、ひよこ豆のような淡泊でぽくぽくした味らしい。種から綿実油を抽出し、残りを乾燥させて粉砕したものをプロテインパウダーとして使えるほか、種をまるごと炒って食べてもおいしいそうだ。

TAM66274からは繊維・飼料・食料を同時に収穫できると期待され、綿生産者の生活を劇的に向上する可能性を秘めている。

Credit: bobbycrim / Pixabay

 

ワタの種が食べられていなかった理由

ふつう「ワタ(綿)」といえば、Tシャツやタオルなどに使われるコットンの繊維を思い浮かべる。あまり知られていないのは、じつはそのふわふわな綿毛の中心にピーナッツ大の種がついていることだ。

ワタの繊維の収穫1キロにつき、およそ1.6キロのワタの種が収穫される。しかし、従来のワタの種にはゴシポールという有毒物質が含まれているため、人間は食べることができない。

Credit: pasrasaa / Pixabay

ゴシポールはワタが作り出した自然の防御システムだ。抗菌作用と殺虫作用を持ち、ワタを食べようとする外敵を寄せつけない。葉、茎、根、種のうち、特に種に多く含まれている。人間を含む多くの単胃動物はゴシポールを分解できず、摂取すると血中のカリウム濃度が急激に低下して疲労困憊し、重篤な場合には死にいたる。

このような事情から、綿の種はこれまで牛のエサとして加工されるか、ゴシポールを取り除いた綿実油として精製されていた(牛をはじめとする反芻動物はゴシポールの影響を受けない)。

 

大いなる矛盾

インドで育ったラトール教授が少年時代に見た綿花生産者の実状は、矛盾に満ちたものだった。

ラトール教授の父は医者として多くの患者を診た。患者たちが訴えていた健康被害の大半は、栄養失調によるものだったという。

Credit: sarangib / Pixabay

豊富なタンパク質や栄養分を含んでいるワタの種を生産しながらも、ゴシポールの毒素ゆえにその恩恵にあやかれない。受け入れがたいこの現状を、ラトール教授はなんとかして変えたかったという。

綿花の年間生産量は4,850万トンにも及ぶそうだ。同時に生産されている膨大な量の種も有効活用できれば、ラトール教授の生まれ故郷の農民が豊かな食糧源を確保できるほか、収入拡大も期待できる。

さらに、ワタの種から取れる食物性タンパク質は、養殖の鶏や魚介類にとって消化しやすいため、飼料の改良にもつながるとの見解もある。

 

成功の秘訣は「種だけ」

大きな可能性を秘めたワタの種をなんとか無害化しようとする試みは、これまで世界各国の研究機関が競うように開発を進めてきた。

Voxによれば、1950年代には米アリゾナ州のホピ族の農園でゴシポールを含まないワタが発見され、問題は解決したかのようにみえた。しかしいざ無害のワタを畑で育ててみると、瞬く間に害虫にやられてしまったそうだ。

60年代、70年代と続いたワタの開発も、同じ結末をたどった。いくらゴシポールを含まない無害なワタを開発しようと、虫の被害が大きすぎて商業化を断念せざるを得なかったのだ。

Credit: atulktp / Pixabay

今回のラトール教授の成功の秘訣は、「種だけ」無害にしたことだ。

この境地に至るまでに、ラトール教授の研究チームは多くの失敗を繰り返し、成果が乏しいために資金調達に苦労した時期もあったという。やがて遺伝子操作の技術が進展してくるとともに、ラトール教授が必要だったツールが出揃い、選択肢も増えていった。

「TAM66274」には遺伝子を挿入し、種に含まれるゴシポールだけを無害化することに成功した。葉や茎などには従来並みのゴシポールが作り続けられるため、害虫にも強い。

米農務省に認定されてはいるものの、Voxによれば、「TAM66274」が一般的に普及するまでにはまだ時間がかかりそうだ。まずは米食品医薬品局に安全な飼料・食料だと認定されなければならないし、その後も「TAM66274」が米市場に出回るまでには充分な生産量を確保しなければならない。ラトール教授の生まれ故郷であるインドに普及するのはさらに時間がかかるだろう。

「TAM66274」を機に、オーガニックコットン市場の拡大が望めるのではないかと筆者は大いに期待している。ワタが食べ物として再認識されるようになれば、ワタの生産に使われる化学肥料も敬遠されるのではないだろうか。

いままでさんざん綿生産者を苦しめてきた農薬の撤廃につながれば、「TAM66274」はさらにいいことづくめだ。

 

山田 ちとら

*Discovery認定コントリビューター

日英バイリンガルライター。主に自然科学系の記事を執筆するかたわら、幅広いテーマの取材やインタビューにも挑戦中。根っからの植物好き。ワタの花の美しさにびっくり。 https://chitrayamada.com/