アメリカ 奇跡の絶景トラベル

赤土が広がる巨大な峡谷へ…米国キャニオンランズ国立公園

世界はどこまでも広い。そして目にしたこともないような場所がまだまだ無数にあるものだ。そんな未知なる世界に触れられるのが、アメリカの絶景を紹介する「アメリカ 奇跡の絶景トラベル」シリーズ。

写真だけでは魅力を伝えきれない圧倒的な景色を、空撮映像を交えてダイナミックに届ける。まるで自分もその場にいるような臨場感を味わい、瞬く間にスクリーンの向こうの世界に引き込まれるはずだ。

舞台はキャニオンランズ国立公園

エピソード1で取り上げるのは、ユタ州にあるキャニオンランズ国立公園。ここにはコロラド川とグリーン川によって地面が侵食され、何百メートルもの高低差がある見事な峡谷ができている。アメリカの観光地として人気の高いグランドキャニオンにも劣らない、ダイナミックなパノラマビューが楽しめる場所だ。あたり一面に見えるのは赤土と荒々しい岩だけで、大地や地球のエネルギーを感じずにはいられない。

キャニオンランズ国立公園の魅力を3つの視点で見つめる

そして、ここは様々なスポーツが行われる場所でもある。まずやってきたのは、「スラックライン」のプロ2人。スラックラインとは、細いロープを張り、体のバランスを取りながら器用にその上を歩くスポーツ。彼らは、高さが100メートル以上もある峡谷にロープを張り、その上に慎重に足を踏み出した…。

また、このキャニオンランズ国立公園で牧場を経営している女性も取り上げる。ハイディ・レッド、73歳は20代のときにこの地に足を踏み入れ、カウボーイのような暮らしを50年以上続けている。さらに、国立公園の中で地道に遺跡を守る人々もいる。先住民たちの暮らしや文化を残していくために。

それぞれの形で、自然を愛し、自然に寄り添いながら、キャニオンランズ国立公園と共に生きる人々。彼らの目線を通して、この広大な大地の魅力がより映えてくる。「アメリカ 奇跡の絶景トラベル」を見れば、きっとすぐにでも旅に出たくなることは間違いないだろう。

放送日時:11月6日(火)21:00スタート
『アメリカ 奇跡の絶景トラベル』はアニマルプラネットにてご視聴いただけます。未視聴の方は、こちらからご確認ください。

 

RELATED POST