サバイバルゲーム ナミビア編:ベアの植物解説!命を奪う植物と救う植物

イギリス軍特殊部隊出身のベア・グリルスが過酷な環境でのサバイバルに挑戦する大人気シリーズ『サバイバルゲーム』。今回は砂漠の危険な植物と役に立つ植物についてベアが解説してくれる。

Credit: Discovery Communications

まず最初に見つけたのはヤドクキリンと呼ばれるサボテンに似た植物。トゲ以外は一見無害そうに見えるが、実は枝を傷つけると出てくる白い樹液は猛毒で、以前ベアのクルーがその樹液で失明しかけたこともあるという。しかもこの植物の毒は枯れても残るため、枯れ木を使って調理をしようものなら煙から毒が食べ物に染み込んでしまうという恐ろしい植物なのだ。

Credit: Discovery Communications

続いて見つけたのはチゴフィルム・スタフィイというコインのようなかたちをした葉っぱが特徴の植物。こちらは先程のものとうって変わって有益な植物で、葉を絞って出てくる液体は味こそ苦いものの無害で飲むことが出来る。

いかがだっただろうか。もし何かの間違いで砂漠でサバイバルしなければならなくなったら、ぜひ参考にしてみてほしい。