誰でも気軽に楽しめる!フランスの伝統球技、ペタンクとは|世界のモノ作り

Monalyn Gracia/Corbis/VCG/GettyImages

 
なにかスポーツをしたいけど、急に激しいスポーツを始めるのは不安?それなら、フランス発祥のスポーツ、ペタンクなどはいかがだろうか。ペタンク(petanque)とは、フランスが発祥の球技で、その語源は南フランス・プロヴァンスの方言「ピエ・タンケ(両足を揃えて)」に由来しているそうだ。

ルールはシンプル。地面に描いたサークルを基点として木製または樹脂製の目標球(ビュット)に金属製のボール(ブール)を投げ合い、相手より近づけることで得点を競う。カーリングのように相手の球を弾き飛ばすのもアリだ。

ペタンクのボールは、直径7.05mm~80mm、650g~800gで、片手でも投げられるサイズになっている、ちょっとしたスペースで気軽に楽しめ、子どもから高齢者まで楽しむことが出来る。日本国内でも大会が開催されていたり、サークルが存在しているので、興味のある方は調べてみても良いかもしれない。