サバイバルゲーム シベリア編:マイナス28度のシベリアで凍りついた湖に飛び込んでみた

Credit: Discovery Communications

イギリス軍特殊部隊出身のベア・グリルスが過酷な環境でのサバイバルに挑戦する大人気シリーズ『サバイバルゲーム』。今回は気温マイナス28度のシベリアで凍った湖に飛び込むという無謀な挑戦の様子をお届けする。

Credit: Discovery Communications

このチャレンジにはさすがのベアも気乗りしない様子だったが、命綱を腰にまいて「20秒立っても戻らなかったらロープを引いてくれ、忘れないでくれよ。」とクルーに念を押すと、吹っ切れたように極寒の湖に飛び込んでいく。

Credit: Discovery Communications

あまりの寒さに体の感覚と酸素を急速に失っていくベア。そして数秒後、限界を迎えてようやく湖から上がるが、まだまだ油断はできない。外はマイナス28度のシベリア。肌についた水があっという間に凍りつくのだ。当然体を拭かなければならないが、ベアはそのためにタオルなどは利用しない。近くに積もっている粉雪を体中にかぶって水分を取るのだ。

そしてこのあと15分ほどで日没を迎えるため、ここから厳しい夜に備えなければならない。サバイバルはまだ続いているのだから。