Credit : Discovery Communications

サバイバルゲーム シベリア編: 下手をすれば大ケガ!凍って手に張り付いたナイフを安全に取る方法

イギリス軍特殊部隊出身のベア・グリルスが過酷な環境でのサバイバルに挑戦する大人気シリーズ『サバイバルゲーム』。今回からベアが挑む舞台は極寒の大地、シベリア。ゴールは降下地点から数百キロ北のシベリア横断鉄道だ。

Credit: Discovery Communications

ヘリの乗員いわく、ベアが降下した地点の気温はなんとマイナス20度。このぐらいの通常考えられないような事態も発生する。その1つが、ナイフなどの金属類が直接肌に触れるとすぐに凍りついて取れなくなってしまうというものだ。無理に剥がそうとすれば皮膚もろとも剥がれ落ち、血だらけにになってしまう。

Credit: Discovery Communications

そのため、ベアはもしそうなったときのための対処法を紹介してくれる。その方法は簡単、手にピッタリとくっついたナイフに小便をかけるだけだ。そうすることで凍りついていた部分が溶けて手から安全にナイフを剥がすことが出来るのだ。積極的に実践したくはないが背に腹は代えられない。しかしそもそも、こんな事態にならないようにしたいものだ。

RELATED POST