サバイバルゲーム パタゴニア編:泉は動物たちのトイレ…そんな場所で安全な飲み水を確保する方法

イギリス軍特殊部隊出身のベア・グリルスが過酷な環境でのサバイバルに挑戦する大人気シリーズ『サバイバルゲーム』。今回極寒の雪山を脱出したベアを待っていたのは乾燥しきったパタゴニアの大地だった。

Credit: Discovery Communications

乾ききったパタゴニアの大地で困難になるのは飲み水の確保だ。ただし闇雲に探しても水場を見つけることは出来ないため、地形を読んで大まかに水のある位置を予測するのが重要だ。

そして水場を見つけたとしても、動物たちが集まる泉の水をそのまま飲むのはNGだ。というのも、動物たちは泉で水を飲むついでにその場でトイレを済ましてしまうのだ。その水を飲むと感染症にかかってしまう可能性がある。

そのため、まずは泉に溝を掘って糞などで汚れた水をかき出すとともに、新しい水が湧き出すようにする。そうすることで比較的安全な水を飲むことが出来る…のだが、湧き出したばかりの水は濁りきっていてお世辞にも美味しそうではない。しかし、この水を飲まなければ生き残れない、ということで早速いただくことに。

Credit: Discovery Communications

地べたを這い、ドロ水をすすってでもイギリスにもどる…!そんな強い意志が感じられるシーンだが、ベアが生きている限りこの過酷すぎるサバイバルは続く(と思われる)のでご安心を。