意外と知らないトランプの歴史|世界のモノ作り

Liliboas/GettyImages

誰もが一度は遊んだことがあるトランプ。しかし、その歴史について知っている人は多くはないだろう。今回はその歴史について軽く紹介したい。ちなみに、トランプというのは日本独特の呼び名だそうで、海外ではただ単に「カード」あるいは「プレイング・カード」と呼ばれるそうだ。

トランプの起源は多くの説があるものの、いずれの説もアジアが起源であることは間違いないようだ。そのなかでも有力視されているのは、インドで古くから使われていた「タロット」がジプシーによって西洋に紹介されたという説と中国のトランプに近い数札がイスラム世界を通じてヨーロッパに伝わったという説の2つだ。ちなみに、アジアからヨーロッパに伝わったトランプが現在の形に近いものになったのは14世紀後半だとされている。

そして、ヨーロッパに伝わったトランプは当時の世情を反映した様々な絵柄が描かれることになった。国や地域によって大きく差異があるものの、スペードは剣を表して騎士・王族を意味し、ハートは杯(聖杯など)を表して聖職者を意味し、ダイヤは貨幣を表して商人を意味し、クラブは棍棒を表して農民をそれぞれ意味している事が多いようだ。時代背景を反映した絵柄だと思うと趣深いものがあるのではないだろうか。

RELATED POST