iPhone XSの2つの携帯番号が持てる機能「DSDS」で、スマホ利用が根本から変わる?

とうとう発売が始まった「iPhone XS」「iPhone XS Max」。これらの2機種では、「DSDS」という、耳慣れない機能が追加されている。

2つの携帯番号を切り替え不要で利用できるDSDSでは、スマートフォンの利用方法が大いに変わる可能性がある。

はたしてこの新機能は、我々にどんなメリットをもたらしてくれるのだろうか。

 

2つの番号を持ち運ぶメリットとは

 

Image Credit: Apple

まず、DSDSとは「Dual SIM Dual Standby」の略だ。これは電話番号などの格納されたSIMを2枚、同時に利用できる機能を意味する。

例えば仕事用とプライベート用の番号の2つを同時に利用したり、また大手キャリアの音声定額プランを利用しながら格安携帯キャリア(MVNO)の通信プランを利用する、などの運用が考えられる。さらに、海外旅行の際に現地SIMを挿入して利用するのも便利だろう。

 

若干クセのあるiPhone XSのDSDS

 

Image Credit: Apple

このように多くのメリットがあるDSDSだが、iPhone XS/XS Maxの世界販売モデル(日本を含む)ではeSIM+物理SIMが利用できる。このeSIMとは電子的に書き換えるSIMのことで、通信キャリアの対応が必要となる。

一方、中国や香港、マカオで販売されるiPhone XS Maxでは物理的に2枚のSIMを挿入することができる。

現時点では、物理的に2枚のSIMが挿入できる中国モデルのほうが便利なのも事実だ。ただし中国モデルでは通信規格の対応の違いや、「技適マーク」が表示できるかが不明なことから、日本に持ち込んでの使用はあまり現実的ではない。

 

国内キャリアの対応が待ち望まれる

 

Image Credit: Apple

米アップルはiPhone XSとiPhone XS Maxの対応キャリアを発表しているが、その中に国内キャリアは含まれていない。ただし、来年以降に国内キャリアが対応する可能性は残されている。

またeSIMはローミングキャリアの「GigSky」に対応しているため、海外旅行の際にはこちらを利用するという手もある。

というわけで、便利なのは確かだが国内キャリアの対応が待たれるiPhone XSのDSDS機能。しかしそう遠くない未来に、iPhoneで自由に携帯番号と通信プランを組み合わせながら利用できるのが当たり前になるはずだ。

 

塚本直樹

*Discovery認定コントリビューター

IT・宇宙・ドローンジャーナリスト/翻訳ライター。フリーランスとしてドイツを中心にヨーロッパにて活動しつつ、日本でのラジオ出演やテレビ、雑誌での解説も。 @tsukamoto_naoki