NASA成立60周年記念特別企画!NASA、その激動の歴史を振り返る

NASA(アメリカ航空宇宙局)成立60周年を記念してお送りする特別番組『NASA60年 栄光の軌跡と未来』。ナレーターを務めるのは人類が初めて月に降り立つことになった「アポロ計画」を立案したジョン・F・ケネディ大統領の姪にあたる映画プロデューサーのロリー・ケネディ。

NASA成立当時はそもそも宇宙空間で人類は生存できるのかという基本的なことすらわかっていないような状況だった。そのため、陸海空軍の支援を受けたNASAは有人宇宙飛行計画を立案、実施する運びとなった。それが「マーキュリー計画」だ。マーキュリーセブンと称された宇宙飛行士7人の中の1人がアメリカではじめての有人宇宙飛行を実現した。

そして、月面着陸に向けた準備計画である「ジュミニ計画」を経て満を持して実行に移された「アポロ計画」だったが、アポロ1号は地上での訓練中に火災事故に見舞われ、3名の宇宙飛行士が犠牲になるという大惨事を引き起こしてしまった。その後、2度と事故を繰り返さないために慎重に慎重を重ねた無人飛行試験を経て、ついにアポロ11号で地球上に誕生した生命として初めて月面に降り立つことに成功したのである。

番組内では当時の貴重な映像やNASA関係者へのインタビューを交えながらNASA成立からの60年を振り返る。もちろん、最新の技術によって撮影された宇宙に浮かぶ美しい星々の映像もご覧いただけるので、ぜひご期待いただきたい。

放送日時:10月21日(日)15:00スタート
『NASA60年 栄光の軌跡と未来』(2時間)はディスカバリーチャンネルにてご視聴いただけます。未視聴の方は、こちらからご確認ください。

【お詫びと訂正】9月20日に掲載しました本記事について、記載に誤りがありましたため、訂正いたしました。ご迷惑をお掛けした読者の皆様、ならびに関係各位に深くお詫び申し上げます。(9月21日, Discovery編集部)

(誤)本文中:ついにアポロ13号で地球上に誕生した生命として初めて月面に降り立つことに成功したのである。

(正)本文中:ついにアポロ11号で地球上に誕生した生命として初めて月面に降り立つことに成功したのである。

RELATED POST