Credit : Discovery Communications

サバイバルゲーム パタゴニア編:猛吹雪のなかで生き残る方法

Credit: Discovery Communications

イギリス軍特殊部隊出身のベア・グリルスが過酷な環境でのサバイバルに挑戦する大人気シリーズ『サバイバルゲーム』。今回の舞台は南米大陸にある氷と風の大地、パタゴニア。今回は視界がゼロになるほどの猛吹雪の中、シェルターを確保しようとするところから動画がスタートする。

Credit: Discovery Communications

まずは天然のシェルターを探すベアだったが、どれだけ進んでも平坦な雪原が広がっているだけだと気づくとすぐさま方針を転換。斜面に積もっている雪を掘って雪洞を作ることを決意する。作業は順調に進み、1時間半ほどで立派な雪洞が完成した。

Credit: Discovery Communications

また、雪山で夜を越すときには自身の生理現象にも注意が必要だ。ベアはエベレスト登山中にインナーブーツののままトイレに行き、滑落して死亡した女性の例をあげ、トイレは排尿ビンで済ませるものだと解説。しかし、そんな便利なものを持っていないベアは自分の水筒で用をたすことに。そして尿の熱を無駄にしないようにと、カイロ代わりにするアイデアを披露して眠りについた。

明日は吹雪が収まり、行動できるようになるのだろうか。ほとんど遭難しているのと大差ないサバイバル、次回以降もご期待いただきたい。

RELATED POST