今から水彩画を始めたい?そんな初心者にオススメな水筆とは|世界のモノ作り

Eric Lafforgue/Art in All of Us/GettyImages

 

動画内で紹介された絵筆は丸筆と言われるベーシックなものだが、筆には様々な種類があることをご存知だろうか。その中でも今回は、タイトル通り水彩画を始めてみたいという初心者の方にオススメな水筆と呼ばれる種類の筆を紹介したい。

水筆とは、簡単に言うと筆ペンのインクが入っている部分に水が入っているものだ。軸を押して水を出すことで、筆先をきれいにしたり、筆の水分量を調節することができ、色を替える際にもティッシュで拭うだけなので簡単だ。また、バケツを使用しないので持ち歩いて使うことできるのも魅力の1つだ。

使い方は、まず最初にタンクの部分に水を入れる。ボタン式のものもあるが、スタンダードなものであればスポイトの要領で吸わせて水を入れる。スポイトで入れるものは少し手間がかかってしまうので、ボタン式の方がストレスなく使用できるかもしれない。描く際には、手元のボタンを押して水を出し、筆先に絵の具を付ける。そして穂先の水分量を調節したら準備完了。後は思うがままに筆を走らせるだけだ。