サバイバルゲーム パナマ編:ベア、アリを食らう

 

Credit : Discovery Communications

 

イギリス軍特殊部隊出身のベア・グリルズが過酷な環境でのサバイバルに挑戦する大人気シリーズ『サバイバルゲーム』。今回も引き続きパナマでのサバイバルの様子をお届けする。

ジャングルでの野営に備えて食料確保に勤しむベアが見つけたのはシロアリの巣。すると、「食べられます」の衝撃の一言とともに持っていたナイフで巣を刺し、くっついてきたアリをそのままアリクイのようにパクリ。ちなみに「出来の悪いかんきつ類」のような味がするそうだ。

Credit : Discovery Communications

さらに、サバイバルでのアリの活用法はそれだけではない。ナイフで巣を切り取るとそのまま川へ持っていくベア。水面にアリを落として魚をおびき寄せようというのだ。落ちていた枝とTシャツで網を作り漁を始めたベアだったが、残念ながら1匹も網にかかることはなかった。

次回以降も引き続きパナマでのサバイバルの様子をお届けしていくので、どうぞお楽しみに!