サバイバルゲーム サハラ砂漠編:命綱なしで断崖絶壁を降りる方法

 

Credit: Discovery Communications

 

イギリス軍特殊部隊出身のベア・グリルスがその身1つでサバイバルを繰り広げる大人気シリーズ『サバイバルゲームズ:サハラ砂漠編』。今回は、ベアが水を求めて崖を降りようとするところから動画がスタートする。

 

砂漠を抜け、アトラス山脈の麓に到着したベアの前に現れたのは高さ150メートルはあろうかという断崖絶壁。いくら崖下に水があるとはいえ、普通なら遠回りを考えるところ。しかし、やはりというべきか、ベアは崖を降りていくことを決断する。

 

Credit: Discovery Communications

 

ただ悪いことに、ベアが降りようとしていた崖はもろく崩れやすい砂岩。ロッククライマーにとっては悪夢のような岩だ。加えて当然だが、こんなところを降りていこうという猛者も(ベア以外には)いないため、自ら降りるルートを開拓しなければならない。もし、ルートを誤れば進むことも戻ることも出来ずにその場で立ち往生することになってしまい、ジ・エンドだ。

 

そんな最悪なコンディションの崖をなんとか降りて水と食料(カエル)を手に入れて進むベアだったが、再度行く手を切り立った崖に遮られてしまう。

 

Credit: Discovery Communications

 

もう命綱なしでこの崖を登ることに驚きを覚えなくなってきているかもしれないが、今一度思い出してほしい。ベアがいるのは最高気温が55度にもなるサハラ砂漠なのだ。しかも、ベアが登ろうといている崖は上の部分がオーバーハングしている(出っ張っている)ため、そこは腕の力だけで登らなければならないのだ。それでも、ベアは撮影クルーが登るのを助けながら、なんとか崖の上までたどり着くことが出来たのだった。

 

Credit: Discovery Communications

 

その後、山道をたどってベルベル人のキャンプにたどり着き、今回のサバイバルも無事クリアとなった。しかし、幾多のサバイバルを経験してきたベアでさえ、今回のサバイバルは「極限の挑戦」だったと振り返るほど過酷なものだったようだ。

 

RELATED POST