サバイバルゲーム サハラ砂漠編:ラクダを食べてみてわかったこと

 

 

イギリス軍特殊部隊出身のベア・グリルスがその身1つでサバイバルを繰り広げる大人気シリーズ『サバイバルゲーム』。今回は最高気温が55度にもなる灼熱地獄、サハラ砂漠が舞台だ。

 

サバイバル中、ベルベル人からラクダの死体をもらうことが出来たため、ベアはサバイバルでのラクダの死体の活用法を披露してくれる。まず、ラクダの皮をナイフで剥いで毛布として利用する。昼夜で気温差の激しい砂漠では、夜をいかに越えるかも大きなポイントだからだ。

 

 

続いてラクダの脂肪を切り取って食べてみるベア。ラクダの脂肪はベルベル人にとってごちそうだというベア。しかし、その味には今まで様々なモノを食してきたベアが思わず吐き出すほどのひどい味だったようだ。以前に振る舞ってもらったヤギの睾丸に引き続き、ベルベル人との味覚の違いを思い知らされてしまったベアなのだった。

 

 

気を取り直して次はラクダの胃を切り出していく。ラクダは液体と固形物に分けて消化するため胃を3つ持っており、その1番目の胃からは水を得ることが出来るためだ。1番目の水をn飲むと次は2番目の胃へ。そこに入っている固形物(画像上)からも水を搾り取って飲むことが出来るのだ。しかし、こちらの胃は切り開いた瞬間から強烈な悪臭が漂ってくる。それでも飲むのがベアのすごいところなのだが、飲んだあとはしばらく顔を歪め、「くさすぎる」と一言。

 

 

そして最後に唯一のお楽しみであるラクダ肉のステーキを作っていく。枯れ葉やラクダの糞を燃料にし、平らな石を鉄板代わりにして調理する。ちなみに、ベアによるとラクダ肉はコレステロールの値が低いそうなので、健康に気を使っている人にはオススメだ。そんな物手に入るわけない!と思った読者の皆様、ご安心いただきたい。インターネットのショッピングサイトはもちろん、ラクダ肉を提供してくれるレストランも日本国内にはしっかりと存在しているのだ。肉自体はベア基準でも硬かったようだが…。

 

名残惜しいが今回はここで筆を置かせてほしい。これ以降も引き続き、サハラ砂漠でのベアの活躍をお届けしていく予定なので、ぜひご期待いただきたい。

 

 

RELATED POST