サバイバルゲーム サハラ砂漠編:猛毒サソリを食べる

 

最近では「サソリの唐揚げ」を頼める居酒屋ができたり、サソリを通販で気軽に購入できたりと、怖いもの見たさなのか、ここ数年でゲテモノが地味に盛り上がっている。

サバイバルのスペシャリストであるイギリス人、ベア・グリルスがサハラ砂漠でのサバイバル術を紹介するこのコーナー。

食べ物編では、石の下に見つけた毒性のイエロー・ファットテール・スコーピオンの正しい食べ方を伝授。

 

 

実はこのファット・テール・スコーピオン、人間も刺されると数時間で死に至るといわれているほど強い毒を持っているサソリの一種。

サハラ砂漠が位置するモロッコでも刺されて命を落とす人が毎年約100人もいるという。

そんなサソリをベアは見つけ、棒でつっつきながら「押さえると攻撃してきます」となんとも楽しそう。

まずはベア、「毒針を切り落とします」。

 

 

サバイバルナイフで毒針を切り、もがき続けるサソリをしっかり押さえる。続いて、「頭を取ります」。

これで食べられる、とカメラ目線で微笑み、なんとも男前に一口で食べる。

サソリの内蔵が破裂して口の中から溢れる画はさすがに食欲を無くす。

 

 

険しい表情をしながらもサソリをゴクンと飲み込み、サバイバルを続けるベア。

サソリを食べない人にも、サソリに刺された場合の対処で大事なポイントも伝授。

「傷口を開いて毒を吸い出すのは間違った処置なのです」「適切なのは傷口を洗い、安静でいることです。そして傷口の上を押さえ毒の回りを遅くすれば内蔵を守れます」

 

RELATED POST