極寒のベーリング海で一攫千金を狙え!カニ漁に命をかける男たち

小説『蟹工船』の舞台でもあり、世界で最も危険な仕事の1つと呼ばれるベーリング海でのカニ漁。そのカニ漁に莫大な報酬と引き換えに命をかける男たちを追った大人気ドキュメンタリー『ベーリング海の一攫千金』。スペシャルとなる今回は荒くれ者たちを束ねる船長たちが一堂に会し、ざっくばらんなトークを織り交ぜつつ昨シーズンを振り返る。そのトークの内容については番組をご覧いただくとして、本稿では数多くの船長たちの中から2人をピックアップして紹介したい。

 

まずは、シーズンを通して安定した漁獲量を誇るベテラン船長のシグ・ハンセンだ。ノルウェー人の漁師である父親を持ち、高校在学中から父親と漁に出ていた彼は弱冠26歳で船長となるほどの実力の持ち主だ。人使いが荒く、クルーに対して容赦のないようにみえる彼だが、内面は家族思いの1人の父親で気象に関する情報もノルウェーにいる妻からの電話で得ている。

 

根っからの漁師の家系に生まれたシグとは対照的なのは、元海軍エンジニアである “ワイルド”ビル・ウィクロスキーだ。彼が「ワイルド」というニックネームで呼ばれるのは、彼が時として伝統によらない彼独自の手法を用いることによるためだ。ちなみに、息子のザックとの関係は彼が長期間家を留守にする都合上上手くいっておらず、”ワイルド”な彼の悩みとなっているようだ。

 

彼らはそれぞれの想いを胸に秘め、極寒の大海原へと繰り出していく。迫りくる高波と流氷、相次ぐ船のトラブル、限界に達した疲労感。その果てに彼らが手にするものは大金かそれとも…。カニ漁に文字通り命をかけた男たちの壮絶な闘い。新シーズンにも是非ご期待いただきたい。

 

放送日時:9月6日(木)21:00
『ベーリング海の一攫千金 シーズン14』はディスカバリーチャンネルにてご視聴いただけます。ディスカバリーチャンネルを未視聴の方は、こちらからご確認ください。

RELATED POST