Credit : Image Credit by Evan Blass(Twitter)

Galaxyの逆襲。iPhone超えへのサムスンの秘策とは?

スマートフォンの出荷台数で天下を取った、サムスンの「Galaxyシリーズ」。ところが最近は、イノベーション(革新)不足が指摘されることもある。

しかし来年から同社は製品投入戦略を大きく変え、さらに史上初となる「折りたたみスマートフォン」を導入するかもしれないのだ。

ライバルとなるアップルの「iPhone」を超えるべく、サムスンが計画しているとされる秘策を、現時点で判明している情報から考察してみよう。

ついに投入される折りたたみスマートフォン

Image Credit by サムスン

サムスンは2019年に、折りたたみスマートフォンを投入すると明言している。折りたたみスマートフォンとは、開いたときにはタブレット端末のように大画面となり、折りたためば小さくなるという利点がある。

ウォール・ストリート・ジャーナルの報道によれば、この折りたたみスマートフォンは開いた状態では7インチディスプレイが利用可能。また本体背面にサブディスプレイとカメラを搭載するようだ。

さらにこの折りたたみスマートフォンは「Fシリーズ」として、主力の「Galaxy Sシリーズ」、大画面搭載の「Galaxy Noteシリーズ」に続く、第3のフラッグシップシリーズになるとの噂もあるのだ。

Galaxy Sシリーズも2019年に革新へ

Image by Getty Images NurPhoto

主力となるSシリーズも、2019年の大きな進化が予測されている。まず製品ラインナップが画面サイズ違いで3モデルとなり、最上位モデルには望遠、標準、広角と幅広い焦点距離をカバーしたトリプルカメラが搭載されるというのがもっぱらの噂だ。

また一部モデルではアップルの「iPhone X」と同等の顔認証機能や、ディスプレイ指紋認証センサーが搭載されるとの情報がある。これらはスマートフォントレンドの最先端となる機能で、もし事実ならサムスン意欲的な新型スマートフォンを投入することになる。

来月発表されるGalaxy Note9は小改良モデルに?

Image Credit by Evan Blass(Twitter)

サムスンは今年の8月9日にニューヨークでイベントの開催を予定しており、ほぼ確実に新型スマートフォン「Galaxy Note9」が発表されると予測されている。

Galaxy Note9は本体デザインは現行モデルから大きく変わらず、プロセッサやRAM容量、バッテリー容量など内部スペックの向上が主な変更点となるようだ。また、付属スタイラス「Sペン」の大幅な機能追加も噂されている。ただ、消費者の関心を大いに惹きつけるような内容ではなさそうだ。

このように、サムスンのスマートフォンラインナップは2019年から激変する可能性がある。はたして、Galaxyシリーズはその先進性を取り戻すことができるのだろうか。

塚本直樹

*Discovery認定コントリビューター

IT・宇宙・ドローンジャーナリスト/翻訳ライター。フリーランスとしてドイツを中心にヨーロッパにて活動しつつ、日本でのラジオ出演やテレビ、雑誌での解説も。 @tsukamoto_naoki

RELATED POST