ドローンの作り方

映画のような空撮が可能なDJIS1000+の作り方を紹介する。

ステップ1 ボディを作る

アームを上向きに傾けることにより、プロペラが空気を外側に押し出して安定した飛行ができる。このドローンは最大で11キロの重さの荷物を積んで飛行することが可能だ。

ステップ2 コントローラーを取り付ける

フライトコントローラーによって、位置情報や大気条件、風速を測ることが可能だ。これらのセンサーによって、突風に煽られても安定した飛行ができる。

かつてはヘリを飛ばさなければ取れなかったような映像を今やドローンが肩代わりしてくれるようになった。