Credit : MacRumors

新型iPhoneは大・中・小の3モデル?顔認証で攻めるアップル

毎年アップルが投入する新型iPhoneは、同社製品のファンだけでなく世界中のスマートフォンユーザーから注目を集める。

さらに楽しみなことに、今年は大幅に刷新された3モデルが一挙に投入されると予測されている。

新型iPhoneのラインナップや機能について、流出情報などから推察してみよう。
 

使いやすさを追求した3モデル構成に

Image Credit by 9to5Mac

2017年に投入された「iPhone X」と「iPhone 8/8 Plus」は、画面サイズはiPhone Xが5.8インチで一番大きいが、本体サイズはiPhone 8 Plusが一番大きいというちぐはぐなラインナップだった。これは、ホームボタンの有無が本体サイズに大きな影響を与えるためだ。

しかし2018年の新型iPhoneでは、5.8インチ、6.1インチ、6.5インチの3モデルの投入が予測されている。このうち、有機ELディスプレイを搭載する6.5インチと5.8インチモデルがハイエンド版に、そして液晶ディスプレイを搭載する6.1インチモデルが廉価版の製品に相当する。

さらに全モデルからホームボタンがなくなり「ベゼルレスデザイン」となることで、大きなディスプレイを搭載しながらも握りやすく、使いやすいサイズ感となるはずだ。
 

全モデルで顔認証が可能に

Image Credit by wylsa.com

2017年に投入された「iPhone X」は顔認証機能「Face ID」が搭載されていたが、同時発表された「iPhone 8/8 Plus」は顔認証に非対応だった。このFace IDとは、赤外線で顔の凹凸を読み取り個人を識別する機能だ。

そして、新型iPhoneでは全モデルにこのFace IDが搭載されることが期待されている。最近はFace IDに近い機能を搭載したAndroidスマートフォンも登場しているが、それでもアップルが他社をリードしていることにかわりはない。

さらに新型充電器による高速充電、2つの電話番号を切り替えて利用できる「DSDS(デュアルSIM・デュアルスタンバイ)」への対応なども噂されている。
 

売れ筋は廉価モデルに?

Image Credit by 9to5Mac

例年新型iPhoneでは高価格モデルに人気が集まるが、今年は6.1インチの廉価モデルが人気となると海外アナリストは予測している。

著名アナリストのミンチー・クオ氏によれば、この6.1インチモデルではグレーやホワイト、ブルー、レッド、オレンジとカラフルなラインナップが用意されるという。

一方では背面にシングルカメラを搭載し本体フレームに廉価なアルミを採用することで、700ドル〜800ドル(約7万9000円〜9万円)に価格が抑えられる見込みだ。

近年高止まりしているハイエンドスマートフォンの価格に、6.1インチの廉価な新型iPhoneが大きなインパクトを与えることになるかもしれない。
 

塚本直樹

*Discovery認定コントリビューター

IT・宇宙・ドローンジャーナリスト/翻訳ライター。フリーランスとしてドイツを中心にヨーロッパにて活動しつつ、日本でのラジオ出演やテレビ、雑誌での解説も。 @tsukamoto_naoki

RELATED POST