Credit : NASA

発射からISS到着まで4時間を切る…ロシアの補給船プログレスが最速記録

モスクワ時間の7月10日午前4時31分、ロシアの補給船プログレスが打ち上げ後4時間以内にISSに到着した。これは打ち上げからISS到着までの最速記録となる。

 

3トン乗せて4時間以内にお届け

これまで打ち上げからISS到着まで最速だったのはソユーズの約6時間というもので、地球を4回周回した後の到着だった。

3トン近くの食料や燃料を積み、カザフスタンのバイコヌール宇宙基地を飛び立った補給船プログレスMS-09。打ち上げ前のNASAのアナウンスメントでも4時間以内に到着予定としていたが、ロスコスモスの発表によれば実際に4時間を切り3時間40分で到着した。

 

重要なのはタイミング

(動画は今回のプログレスMS-09打ち上げの様子)

短時間で到着する秘密は、ISSの軌道に打ち上げ時間のタイミングを合わせることにある。ロスコスモスは2000年からISSにプログレスによる補給を行ってきたが、当初は打ち上げ後にISSを補給船が追う形となり到着には2日間掛かっていたことからすると大きな時間短縮だ。

実は打ち上げ後4時間を切る補給というのはこれまでにもロスコスモスにより試みられたことがあった。最初は2017年10月、次に2018年2月のプログレスの打ち上げでこれを達成しようとしたものの、どちらの時にも打ち上げ直前の延期が発生したために今回のように切れにタイミングを合わせられず短時間での到着は叶わなかった。そのためそれらの打ち上げでは従来通りISS到着まで2日間掛かることとなった。

もしも何らかの要因でタイミングがずれれば2日かかってしまうというのは使いどころが難しそうだが、ネット通販も顔負けの速度でISSまでお届け物を送ることが可能になったのは凄いことだ。なおこの補給船は使い捨てであり、今回のプログレスMS-09は2019年1月までこのままISSにドッキングしたままとなる予定。その後はISSのゴミを詰めて地球の大気圏で燃えることとなる。

RELATED POST