自分よりも稼ぎが良い妻を妬んだ男、格差が生んだ悲劇

デロイト郊外に住むスティーヴンとタラはお似合いの夫婦。笑顔の素敵な明るい妻、人目を引く、ハンサムな夫として周囲にも知られていた。

しかし、理想な見かけと裏腹に夫婦生活は順調とは言えなかった。妻が出世するにつれ、夫は社会で成功している妻が面白くなかった。上昇志向が高く、大企業に勤める妻は夫より10倍多く稼いでいた。一般の家庭と逆転し、経済的な主婦の主導権は妻が握っていたのだ。

男の誇りを捨てきれなかった夫は、男としての威厳を保とうした。そこで彼がとった行動は魅力的で従順な家政婦を雇うこと。やがて彼は彼女に夢中になり、ついには家政婦と体の関係を持つようになってしまう。

夫婦仲がうまくいってない中、夫は出張から帰ってきた妻と激しい口論になり、さらには殴り合いが始まる。そして夫は妻の首に手が伸び、彼女を殺害してしまう。

犯行の3週間後、夫は殺人容疑で逮捕された。裁判では彼の身勝手な本性が明らかになり、懲役50~80年を言い渡される。多くの成功を成し遂げた妻の人生を奪った夫。欲と感情を抑えきれずとってしまった彼の罪は重い。