超人への道

人間はコミックの中のような超人になれるのか。
苦痛のない世界、傷つかない肉体、消える肉体。
これらは、もしかすると現実のものになるかもしれない。

研究者たちが注目したのは、人間の苦痛をつかさどる細胞膜の中にあるタンパク質「イオンチャネル」。この「イオンチャネル」のブロックを制御することで苦痛を取り除くことができるという。

さらに、蜘蛛の糸にから最強の皮膚を作る研究も進んでいる。これは蜘蛛の糸に含まれるタンパク質をヤギに移植し、ヤギから蜘蛛の糸と同じ成分を含むミルクを搾り取る。そのミルクから紡いだ糸で布をつくり、そこに皮膚細胞を培養させると、弾丸も通さない最強の皮膚ができるのだ。

また、光や電磁波に対して特殊な屈折率を持ったメタマテリアルも注目されている。このメタマテリアルを使用した布をまとえば、物体は消えて見えなくなる。

これらが現実化した場合、私たちは人間性の一部を失い、道徳観や倫理観は崩れ去るかもしれない。超人化した人間は、今までのように理性や感情をコントロールし、よりよい世界を築けるのか。

RELATED POST