マセラティ ギブリ、純白の日本特別限定仕様車「スカテナート」が登場…麻布に日本初のポップアップショールームを開設

マセラティジャパンは、ミドルサイズの4ドアスポーツ・セダン「ギブリ」に純白の特別限定仕様車「スカテナート」を発表、40台の日本限定モデルとして受注を開始した。価格は980万円(消費税込)。

ベースモデルとなるギブリは最高出力350psを発生する3リットルV6ツインターボに8速ATを組み合わせ、最高速度267km/h、0-100km/h加速5.5秒という圧倒的な走行性能を発揮する。1000万円を切る価格でマセラティの走りを堪能できると注目を集めた。

今回発表された「スカテナート」はイタリア語で「解き放たれた」の意味を持つ特別限定車。ピレリのホワイトタイヤと、ブルーのブレーキキャリパーを装着し、そのコントラストでスカテナートの強烈なパフォーマンスを印象づけている。

センターダッシュボードには、最新のインフォテインメントシステムを装着。マルチタッチ機能付きの8.4インチのタッチコントロール式高解像度ディスプレイを採用するほか、Apple CarPlayおよびAndroid Autoにも対応する。スマホとの連動性を高める装備で、走りだけではない先進性も提供している。その先進性を直感的に操作できるインターフェースにも注目だ。

さらにマセラティジャパンでは、快適装備を追加した「スカテナート Plus Pack」を限定10台で同時発売(40台のうち10台)。フル・アダプティブLEDヘッドランプや電動サンルーフ、ソフト・ドア・クロージャー、サラウンド・ビュー・モニターなどを装備する。こちらの価格は1025万円(消費税込)となっている。

全国のマセラティ ショールームで、6月30日・7月1日の2日間デビューフェアを開催。それに先駆け、6月29日にポップアップショールームを麻布に開設し、純白の「スカテナート」がベールを脱ぐ。

 

RELATED POST